【100本以上飲んだ】シャンパンのおすすめランキングと豆知識

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



シャンパンのランキング、ホントに飲んだ?って感じのが多いので自分で書いてみました。

ここ1年間だけでも100本以上のシャンパン、50種類くらいを飲んできたので、一応それなりにわかってきた感じです。

ガチで書いたので、めちゃくちゃ長い記事になってますw

ぜひ目次からあなたの知りたいところにジャンプしてみてください!

時間がない方のために結論から言うと、

万人受けしやすくて手に入りやすい激ウマなシャンパンは、「ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ」

です。

とりあえずこれにしとけば間違いありません。

ちなみにこのシャンパンに使われてるぶどうの品種は、ピノ・ノワール40%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ20%で構成されており、この比率が一番、万人受けする美味しい比率だと思っています。

今回は、シーン別のシャンパンランキングと、シャンパンを美味しく飲むための豆知識を全部書いていきたいと思います!

ぜひ参考にしてみてください!

簡単な目次

トータルで最高なシャンパンランキング

(ちゃんと飲んでるよ!という証明のため、とりあえず家にあったボトルを撮影しました)

  • 手に入りやすい。
  • 高すぎない。
  • 味が安定している。
  • 万人受けしやすい味。

この4つにフォーカスしたランキングです。

第一位:ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ

メゾン名 ルイ・ロデレール
ぶどう品種 ピノ・ノワール40%、シャルドネ40%、ムニエ20%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 6,000円くらい

ぼくがキングオブシャンパンだと思っているルイ・ロデレール。

品質への妥協がなく、1776年に創業してからずっと家族経営で品質を保っているメゾンです。

使われているブドウのほとんどは自社の畑からまかなっていて、こだわりの強さは随一。

誰もが認める美味しさを作り出しています。

ルイ・ロデレールの一番安いブリュットプルミエもめちゃめちゃ美味しく、これだけで30本は飲んでます。

最低3年間は樽のなかで熟成されており、これは他のシャンパーニュの期間よりも3~4倍ほど長いです。

そこから生まれる複雑かつ優美な香りと味は他の追随を許しません。

最高にオススメなシャンパン。

第二位:ローラン・ペリエ ブリュットL・P

メゾン名 ローラン・ペリエ
ぶどう品種 ピノ・ノワール35%、シャルドネ50%、ムニエ15%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 6,000円くらい

日本ではサントリーが輸入代行をしているため、手に入りやすいシャンパンです。

シャルドネが多く、フレッシュさが際立ったシャンパンになります。

結婚式とかでも使われやすいんじゃないかな…。

すっきり飲めて、万人受けします。

すっきりと言っても、安いスパークリングにありがちな水っぽさは全然感じません。

匂いは柑橘系の香りが強め。

公式サイトでは8度から10度がオススメと書かれていますが、それだと味も香りもかなり抑えられてしまうのでちょっともったいない感じ。

12度くらいまで上げても、アラが見えないシャンパンだと思います。

第三位:テタンジェ ブリュット・レゼルヴ

メゾン名 テタンジェ
ぶどう品種 ピノ・ノワール35%、シャルドネ40%、ムニエ25%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 4,000円くらい

日本ではサッポロビールが輸入代行しているテタンジェ。

めっちゃうまいです。

1734年の創業からずっと家族経営をしており、隙のない味わいが特徴的です。(テタンジェとしてブランド化したのは1930年ごろ)

ちなみに、ランスタン・テタンジェとは、”幸せの瞬間”という意味。

デートしてるときとかにうまいことこれを言うと、ちょっとカッコイイ気がします。

このメゾンも自社で288ヘクタールという広大なぶどう畑を持っており、テタンジェに使われる半分くらいを自社で賄っています。

味の中核をなすシャルドネ種のブドウのクオリティはかなりのもの。

このシャンパンも3年以上熟成されています。

個人的に結構好き。

第四位:シャルル・エドシック ブリュット・レゼルヴ

メゾン名 シャルル・エドシック
ぶどう品種 ピノ・ノワール40%、シャルドネ40%、ムニエ20%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 6,000円くらい
シャルル・エドシック ブリュット・レゼルヴ[NV] シャンパン/白/辛口[750ml]
  • シャルル・エドシック
  • 価格   ¥ 6,280 プライム
  • 販売者 代官山ワインサロンLe・luxe 自社発送全商品クール指定対応中(アマゾン発送商品除く)
クリックして今すぐチェック

創立が1851年という超名門。

創業者シャルル=カミーユ・エドシックによって創立されました。

別名シャンパン・チャーリーとも呼ばれ、映画にもなることに。(映画名もシャンパン・チャーリー。日本未公開。主演はヒュー・グラント)

各国の王室や宮廷で愛されているシャンパンです。

とはいえ、意外と簡単に手に入るので結構オススメ。

10年以上熟成させたリザーブワインを半分くらい使用しており、安定&高品質が実現できてます。

さいこう~。

シャルル・エドシックはジャズライブが鑑賞できるシャレオツなお店、ブルーノート東京でも採用されています。

一回だけ行ったことあるんですけど、生演奏を聞きながらのシャンパンは最高だった…。

たしかビックカメラでも売ってたと思います。

第五位:ボーモン・デ・クレイエール グランド レゼルヴ ブリュット

メゾン名 ボーモン・デ・クレイエール
ぶどう品種 ピノ・ノワール15%、シャルドネ25%、ムニエ60%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 4,000円くらい

メゾンの設立は1955年と意外と新し目。

そのためなのか、価格もかなり抑えられていてお買い得感があります。

上位のシャンパンに負けない味わいがあるので、普段使いにもいい感じ。

ムニエ60%という珍しい配合ですが、味わいは最高です。

ピノ・ノワールが抑えめなのも飲みやすい理由かも…。

コスパがいいシャンパンランキング

第一位:エルネス・ラペノー ブリュット

メゾン名 G.H.マーテル
ぶどう品種 ピノ・ノワール50%、シャルドネ40%、ムニエ10%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 2,700円くらい

ビックカメラだと2,700円くらいで買えます。

激安シャンパンの中では、そこそこ飲める感じ。

なにげに設立が1869年とかなり古く、由緒ある老舗メゾンです。

悪くはない…と思います。

この価格帯の中ではかなり美味しい部類にはいるシャンパンです。

第二位:ボーモン・デ・クレイエール グランド レゼルヴ ブリュット

メゾン名 ボーモン・デ・クレイエール
ぶどう品種 ピノ・ノワール15%、シャルドネ25%、ムニエ60%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 4,000円くらい

コスパが良くて美味いといえば、やっぱりボーモン・デ・クレイエールのコレです。

畑から醸造まで完全に自社生産しているこのメゾンは、品質が安定しているので安心して飲むことができます。

ちなみにシャンパン業界は分業が進んでいるので、ブドウは別な畑(シャンパーニュ地方の)から買い付け、圧搾は専門業者に依頼する、など他社に任せるのが一般的です。

一番流通しているこのグランドレゼルヴはお安めですが、ビンテージものになると普通に3万円を超えたりするので買うときは価格に注意しましょう。

第三位:テタンジェ ブリュット・レゼルヴ

メゾン名 テタンジェ
ぶどう品種 ピノ・ノワール35%、シャルドネ40%、ムニエ25%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 4,000円くらい

コスト面でもやっぱり最高なテタンジェ家のシャンパン。

現在は4代目のピエール=エマニュエル・テタンジェ氏が社長となっています。

シャルドネ種の品質が随一で、繊細かつ上品なシャンパンを楽しめます。

思い出しただけでも喉が乾いてきた…w

第四位:モエ・エ・シャンドン アンペリアル

メゾン名 モエヘネシーディアジオ
ぶどう品種 ピノ・ノワール30〜40%、シャルドネ20〜30%、ムニエ30〜40%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 4,000円くらい
モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル [ スパークリング 辛口 フランス 750ml ]
  • Moët & Chandon(モエ・エ・シャンドン)
  • 価格   ¥ 4,200 ¥ 6,804
  • 販売者 株式会社グランツ・プロジェクト
クリックして今すぐチェック

誰もが知ってるモエ・エ・シャンドン。

実は、LVMH(モエ ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループのシャパンです。

LVMHのシャンパンは、クリュッグ、ヴーヴ・クリコ、ドンペリ、ルイナールなどもそうだったりします。

ブランド業界では世界最大のコングロマリットですね。

味は、ザ・無難!

シャンパン好きな人からは不評ですが、ぼくは美味しいと思います。

なんというか、シャンパンだね~って感じ(わかりづらいw)

第五位:ボランジェ スペシャル・キュヴェ

メゾン名 ボランジェ
ぶどう品種 ピノ・ノワール60%、シャルドネ25%、ムニエ15%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 6,000円くらい
ボランジェ スペシャル・キュヴェ [ スパークリング 辛口 フランス 750ml ]
  • ボランジェ
  • 価格   ¥ 6,250 プライム
  • 販売者 代官山ワインサロンLe・luxe 自社発送全商品クール指定対応中(アマゾン発送商品除く)
クリックして今すぐチェック

ジャック・ボランジェが1829年に作ったメゾンです。

ピノ・ノワールが多いシャンパンの中では一番クセが少ないというか、飲みやすいと思います。

味は強めですが、料理とも合わせやすい感じ。

19世紀から英国王室御用達のシャンパンです。

最高峰のR.Dは4万円超えなので、間違って買わないように注意してください。

女子ウケするシャンパンランキング

第一位:モエ・エ・シャンドン アンペリアル

メゾン名 モエヘネシーディアジオ
ぶどう品種 ピノ・ノワール30〜40%、シャルドネ20〜30%、ムニエ30〜40%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 4,000円くらい
モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル [ スパークリング 辛口 フランス 750ml ]
  • Moët & Chandon(モエ・エ・シャンドン)
  • 価格   ¥ 4,200 ¥ 6,804
  • 販売者 株式会社グランツ・プロジェクト
クリックして今すぐチェック

女子ウケするのは確実にコレです。

なぜかというと「普通の女の子は、シャンパンの銘柄なんてほとんど知らないから」です。

水商売をやってる子だと「モエ~?飲みすぎて飽きた~~」とか言いますが、一般女性はほとんど飲む機会がありません。

でもモエ社のマーケティングのおかげで”シャンパン≒モエ・エ・シャンドン”みたいなイメージがあります。

デートでレストランに行ったときに、「あ、じゃぁシャンパン飲もっか。モエでいい?」みたいに言うと「モエ!やったー!」みたいに喜んでもらえる確率が高いです。

しかも、味が万人受けするので外しません。

玄人な女性にはウケないモエですが、一般女性には一番ウケる(というかわかりやすい)シャンパンです。

第二位:ペリエ・ジュエ ベル・エポック

メゾン名 ペリエ・ジュエ
ぶどう品種 ピノ・ノワール40〜45%、シャルドネ55%、ムニエ0〜5%(ムニエは年によっては使用しない)
グレード ビンテージ
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 24,000円くらい
ペリエ ジュエ ベルエポック 2011 750ml
  • ベルエポック
  • 価格   ¥ 18,818 プライム
  • 販売者 有限会社 榎商店
クリックして今すぐチェック

急に価格が高くなりました。

ビンテージシャンパンなので、お値段2万円超えです。

このシャパンの最大の特徴は、ボトルにエミール・ガレのアネモネが描かれていること!

ボトルでの女子ウケ狙いです。

味は…結構好みが分かれるかな…。

そんなに濃い感じではないので、さらっと飲めます。

さらに作られた年によっても味がわりと変わるので、多少のギャンブル感があります。

作られた年によって味が変わってしまうのは、ビンテージシャンパンのいいところでもありめんどうなところでもありますよね…。

しかもワインと違って、古い当たり年シャンパンはそうそう手に入りません。

※当たり年・・・ブドウのできが良かった年のこと。

第三位:テタンジェ・ノクターン

メゾン名 テタンジェ
ぶどう品種 シャルドネ60%、ムニエ40%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) セック(半甘口)
価格 7,000円くらい

シャンパンの9割はブリュット(辛口)なのですが、このシャンパンはセック(半甘口)です。

甘口と言ってもしつこい甘さじゃなく、ほどよい感じの甘さで最高に美味いシャンパンだと思います。

甘めが好きな女性にオススメ。

甘さだけで言えば、モエのアイスアンペリアルやヴーヴのリッチなんかがドゥミセック(甘口)レベルなのでこれ以上に甘めですが、ちょっと甘すぎてニガテな人は多いかも。

ノクターンは上品な甘さなので、ぼくは好きです。

ノーベル賞晩餐会で提供されたシャンパンがこのノクターンです。

名前もノクターン(夜想曲)というのがまたなんというか、ステキ…。

第四位:モエ・エ・シャンドン ロゼアンペリアル

メゾン名 モエヘネシーディアジオ
ぶどう品種 ピノ・ノワール主体
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 7,000円くらい
モエ・エ・シャンドン モエ ロゼ アンペリアル [ 白ワイン 辛口 フランス 750ml ]
  • Moët & Chandon(モエ・エ・シャンドン)
  • 価格   ¥ 5,234 ¥ 7,992 プライム
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

ロゼなので、ピノ・ノワールが主体になります。

味はあんまり…その…万人受けはしません。

このシャンパンのなにがいいかというと、「見た目がピンクでかわいい」です。

シャンパン飲んだことない女子が飲みたがるのがロゼですが、酸味が強いワインが好きじゃない場合はやめておいたほうがいいです。

ピノ・ノワールの味が好き!というのがわかってる女子と飲む時だけ頼む方が無難だと思います。

第五位:ブルーノ・パイヤール ブリュット プルミエール・キュヴェ

メゾン名 ブルーノ・パイヤール
ぶどう品種 ピノ・ノワール45%、シャルドネ33%、ムニエ22%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 5,000円くらい

割とあっさりしているので、料理に良く合います。

そういえば、クリュッグと味の方向性が似てると言えば似てるかも…。(料理に合わせやすいという意味で)

このシャンパンのどこが女子ウケがいいかと言うと、このシャンパンを提供している場所がスゴいからです。

超高級フレンチでお馴染みのジョエル・ロブションで提供されてるのがこのシャンパンなのです。

ちなみに恵比寿のガストロノミー・ジョエル・ロブションは、ランチですら一人1万円超え、ディナーだと10万くらいはかるく吹っ飛びます。

「ジョエル・ロブションで出してるシャンパン、ウチにもあるんだけど飲みに来ない?」なんて誘い方ができちゃう…!

シャンパンのお値段自体はそこまで高くないので、この作戦はアリな気もします。(相手がジョエル・ロブション知らなかったら意味ないけどw)

キャバでウケるシャンパンランキング

キャバクラに置いてある率が高いもの、そして値段が高いもの、さらに飲みやすいものを選びました。

第一位:アルマン・ド・ブリニャック ブリュット

メゾン名 アルマン・ド・ブリニャック
ぶどう品種 ピノ・ノワール、シャルドネ、ムニエ
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 40,000円くらい
お店で飲む価格 15万円くらい
アルマン・ド・ブリニャック ゴールド 箱付き 750ml [並行輸入品]
  • アルマン・ド・ブリニャック
  • 価格   ¥ 38,479 プライム
  • 販売者 有限会社 榎商店
クリックして今すぐチェック

箱とボトルがやたらと豪華なシャンパン。

ノンビンテージなのに値段がやたらたお高いです。

味はというと、ごく普通に美味しい感じ。

炭酸は弱めな気がしました。

ブリュットがゴールドで、ブラン・ド・ブラン(シャルドネだけ)がシルバー、ロゼがピンクのボトルになっています。

今回ブリュットが1位なのは…アルマンドはこれしか飲んだことがないから!

いやーこれはなんていうかその、キャバクラでイキれるシャンパンだと思います。

似たようなシャンパンでエンジェルというのもあり、それもかなりお高めなのでキャバ嬢には人気です。

第二位:クリュッグ グランド・キュヴェ

メゾン名 ブルーノ・パイヤール
ぶどう品種 ピノ・ノワール37%、シャルドネ32%、ムニエ31%(時期によって違うのでKRUG IDを参照のこと)
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 30,000円くらい
お店で飲む価格 8万円くらい

飲みやすいと評判のクリュッグ。

ドンペリに比べてクセがないので、キャバ嬢にも人気が高いです。

ちなみにこれもノンビンテージですが、クリュッグ的には「マルチカラーシャンパーニュ」と呼ばれています。

いろんな年代に作られたリザーブワインをブレンドして作られており、ボトルに書いてる「KRUG iD」と呼ばれる数字を公式ウェブサイトに打ち込むと、そのボトルの詳しい詳細がわかります。

最も古いリザーブワインは何年で、若いのは何年なのか、そして何種類がアッサンブラージュ(ブレンドのこと)されているのか…。

せっかくなので僕が飲んだクリュッグも見てみたいと思います。

ええと、IDが115013だから…お、出てきました!

打栓の時期は2015年の冬で、8年以上の熟成がされたそうです。

ブレンドされているのは、183種類のワイン。

最も古いベースワインは1990年で、もっとも若いのは2007年になります。

エディション163と呼ばれるうちの一本とのこと。

これの評価は、あらゆる側面に置いて驚くほどの緻密さを持ったワイン。

二次アロマと若々しさにあふれるノート、エレガントな質感、絶妙な奥深さ、素晴らしい広がりの絶妙なバランス…だそうです。

…うーん、わかったようなわからんようなw

そしてこれに合う音楽は、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」とのこと。

せっかくなので聞いてみることにします。

YouTubeは便利ですな。

…。

なんか…すごい…エレガント…!

このKRUG ID、なんか楽しいのでもし飲む機会があったらぜひ調べてみてください。

第三位:ヴーヴ・クリコ リッチ

メゾン名 ヴーヴ・クリコ
ぶどう品種 不明
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) 不明。おそらくドゥミセック(甘口)
価格 7,000円くらい
お店で飲む価格 3万円くらい
NV ヴーヴ・クリコ リッチ
  • リッチ
  • 価格   ¥ 6,577
  • 販売者 うきうきワインの玉手箱(クール便ご希望の場合は、クール便チケットを同時購入下さい)
クリックして今すぐチェック

カクテル専用に作られたヴーヴ・クリコ リッチ。

シャンパンの歴史では、甘くブレンドされたワインは「リッチ」と呼ばれてきたそうです。

つまりこれもめっちゃ甘いシャンパンというわけ。

甘くて味がしっかりしてるので、カクテルにもいいという触れ込みなのですが、とにかくキャバウケする味です。

お気に入りのあの子にいれちゃうかな…!と思ったらモエよりもこっちのほうが喜ばれるかも。

第四位:モエ・エ・シャンドン アイスアンペリアル

メゾン名 モエヘネシーディアジオ
ぶどう品種 不明
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) 不明。おそらくドゥミセック(甘口)
価格 6,000円くらい
お店で飲む価格 2.5万円くらい
モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル [ スパークリング 甘口 フランス 750ml ]
  • Moët & Chandon(モエ・エ・シャンドン)
  • 価格   ¥ 5,998 ¥ 8,856
  • 販売者 タカムラ ワイン ハウス(クール配送ご希望の方はクール便チケットを合わせてご購入ください)
クリックして今すぐチェック

こちらもそのままで飲むのではなく、氷を入れて飲みましょう!というタイプのシャンパンです。

これもまた甘めで、女子ウケは抜群。

昔は日本に流通してなくてレアと呼ばれてたみたいですが、今はどこでも買えます。

白いボトルがちょっとシャレオツ。

記念日に飲みたいシャンパンランキング

第一位:ルイ・ロデレール クリスタル

メゾン名 ルイ・ロデレール
ぶどう品種 ピノ・ノワール50%、シャルドネ50%、ムニエ0%(時期によって違う)
グレード ビンテージ
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 30,000円くらい
ルイ・ロデレール クリスタル ブリュット 2007 箱付き 750ml [並行輸入品]
  • ルイ・ロデレール
  • 価格   ¥ 37,000
  • 販売者 Chagata Park(ちゃがたパーク) ★ギフト包装(有料)出来ます
クリックして今すぐチェック

ぼくが一番好きなシャンパン。

お値段がそれなりなのでそうそう飲めないけど、とにかく美味しい。

1876年にアレクサンドル2世がクリスタルを作らせたのが始まりとされています。

もともとはボトルがクリスタルでできていたので、まんまクリスタルという名前になってます。

現在のボトルも透明なので、そのまま出しておくのは禁物。

イエローセロファンに包まれた状態で保存しておくのがセオリーです。

適温だと、コルクを開けた瞬間に濃厚な香りが広がってまさにエレガント~という感じ。

味も素晴らしく美味いですが、ビンテージなので年によって多少ばらつきがあるためちょっとギャンブル…。

人気のある年のボトルは割と早くなくなるので、欲しいと思ったときが買い時!

第二位:クリュッグ グランド・キュヴェ

メゾン名 ブルーノ・パイヤール
ぶどう品種 ピノ・ノワール37%、シャルドネ32%、ムニエ31%(時期によって違うのでKRUG IDを参照のこと)
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 30,000円くらい

たいていの料理に合うクリュッグも、記念日に最適です。

脂っこいものが特に似合うので、天ぷらとの相性が特にバッチリ。

個人的には、”マクドナルドのポテト”がすごく合うと思ってるんですけど、周りからはアホかと言わます…。

美味しいのに…!

自宅で飲む際は、ぜひKRUG IDを見て、オススメの楽曲を流しながら食べてみてください。

第三位:バロン・ド・ロスチャイルド ブラン・ド・ブラン・ヴィンテージ

メゾン名 バロン・ド・ロスチャイルド
ぶどう品種 ピノ・ノワール0%、シャルドネ100%、ムニエ0%
グレード ビンテージ
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 40,000円くらい
バロン ド ロスチャイルド ブラン ド ブラン ヴィンテージ 2008 化粧箱入 正規品 シャンパン 辛口 白 750ml
  • バロン ド ロスチャイルド
  • 価格   ¥ 37,584
  • 販売者 代官山ワインサロンLe・luxe 自社発送全商品クール指定対応中(アマゾン発送商品除く)
クリックして今すぐチェック

あの超有名なロスチャイルド家。

ワインでもシャトー・ムートンで有名なバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド、そしてドメーヌ・バロン・ド・ロスチャイルド、さらにバロン・エドモン・ド・ロスチャイルドのロスチャイルドファミリーがロスチャイルド家の名を冠したシャンパーニュを作ったのがコレです。

まさにセレブのためのシャンパン…。

でも、価格は4万円ほどなのでがんばれば庶民でも買えます。

買っても怒られません。

ぼくが飲んだのは確か2006年のだったかな…。

すごく飲みやすくて美味しかった記憶があります。

箱も豪華ですし、高級感がハンパないです。

第四位:バロン・ド・ロスチャイルド ブリュット

メゾン名 バロン・ド・ロスチャイルド
ぶどう品種 ピノ・ノワール40%、シャルドネ60%、ムニエ0%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 5,000円くらい
シャンパーニュ バロン・ド・ロスチャイルド ブリュット [ スパークリングワイン 辛口 フランス 750ml ]
  • Baron Philippe de Rothschild(バロンフィリップロスチャイルド)
  • 価格   ¥ 5,660 プライム
  • 販売者 代官山ワインサロンLe・luxe 自社発送全商品クール指定対応中(アマゾン発送商品除く)
クリックして今すぐチェック

実は、バロン・ド・ロスチャイルドのお買い求めしやすいノンビンテージもかなりオススメです。

かなり味はしっかりしてるのに、どんな料理にもあいます。

美味しいんですよ、このシャンパン…。

しかも、これにも豪華な箱がしっかりとついてきます。(箱の差は、色が違うだけ)

お手軽な価格でセレブな気分に浸りたいときにまさにピッタリ!

個性が強めなシャンパンランキング

第一位:アンリ・ジロー フュ・ド・シェーヌ

メゾン名 アンリ・ジロー
ぶどう品種 ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%、ムニエ0%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 30,000円くらい
MV13 NV アンリ ジロー フュ ド シェーヌ マルチ ヴィンテージ 正規品 箱入り シャンパン 白 辛口 750ml
  • Henri Giraud
  • 価格   ¥ 28,080
  • 販売者 代官山ワインサロンLe・luxe 自社発送全商品クール指定対応中(アマゾン発送商品除く)
クリックして今すぐチェック

あんまり有名じゃないですが、幻のシャンパンと言われています。

幻と言っても、アマゾンやエノテカで普通に買えちゃいますが…w

ノンビンテージ(マルチ・ビンテージ)のわりにかなりお高いですが、その分、これじゃないと味わえないような個性があります。

酸味が割と強いので、好きな人はハマる感じ。

コルクを開けて、1日置いたらすごく飲みやすくなりました。

第二位:ミシェル・レイビエ ブリュット・プルミエ・クリュ

メゾン名 アンリ・ジロー
ぶどう品種 ピノ・ノワール20%、シャルドネ80%、ムニエ0%
グレード NV(ノンビンテージ)
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 18,000円くらい
シャンパーニュ・ミシェル・レイビエ・ブリュット・プルミエ・クリュ 750ml シャンパン 辛口
  • コス・デストゥルネル
  • 価格   ¥ 11,700
  • 販売者 ワインと和酒とすこやか飲料のルナ・テーブル島本屋
クリックして今すぐチェック

高品質なグラン・クリュとプルミエ・クリュのブドウだけを厳選して作ったシャンパンになります。

ドサージュ量がかなり少なめなので、これも好みが分かれやすいです。

ブリュットは12g/l以下で、このミシェル・レイビエ ブリュット・プルミエ・クリュは7g/iしかありません。

甘いのが嫌いだ!という方にはいいかも。

ちなみに6g/lになると、エクストラ・ブリュットというさらに辛口になります。

第三位:ドン・ペリニヨン ヴィンテージ

メゾン名 モエヘネシーディアジオ
ぶどう品種 ピノ・ノワール50%、シャルドネ50%、ムニエ0%
グレード ビンテージ
ドサージュ量(甘さ) ブリュット(辛口)
価格 18,000円くらい

超有名なドンペリ。

ぼくは正直あんまり好きじゃないんですが、ファンが多いシャンパンです。

高級なシャンパン≒ドンペリ、みたいなイメージの人はかなりいそう。

高級とはいえ、普通にドン・キホーテなどの量販店でも買えます。

シャンパンをより美味しく飲むための知識

シャンパンの適正温度は12度

シャンパンを飲むときに、温度は非常に重要です。

冷たすぎると味も香りもよくわからないですし、ぬるすぎると締りがない感じになります。

一般的には7度~10度くらいが良いとされていますが、これだとちょっと冷たすぎです。

10度~12度くらいのほうが香りも味も際立つのでぜひそれくらいにして飲んでみてください。

ちなみにぼくが使っている非接触型の温度計はこちら。

貝印 ワイン 専用 温度計 ( 非接触 タイプ) Kai House Select DH-7254
  • 貝印(Kai Corporation)
  • 価格   ¥ 1,783 ¥ 3,240 プライム
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

便利なので、一本持っておくといいと思います。

シャンパンは数日保つ!シャンパンセーバーの使い方

シャンパン、毎回飲みきらなくてはいけないかというとそんなことはありません。

シャンパンセーバーというものを使えば、3日くらいはちゃんと炭酸も持ちます。

バキュバン シャンパンセーバー
  • 【正規輸入品】vacu vin
  • 価格   ¥ 1,488 ¥ 2,052 プライム
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

ぼくが使ってるシャンパンセーバーはこれ。

便利でいいんですけど、クリュッグやアンリ・ジローのボトルにはハマりません…。

そこは統一してほしかった…!w

シャンパンに使われるぶどうの品種

シャンパンには全部で7種類のブドウが使われますが、ほとんどのシャンパンはそのうちの3種類しか使っていません。

ピノ・ノワール、シャルドネ、ムニエの3種類です。

ピノ・ノワール

黒ブドウ。

わりと酸味が強め。

ロゼによく使われる。

シャルドネ

白ブドウ。

爽やかな味。

ぼくが好きなシャンパンはたいていシャルドネが多い。

万人受けするシャンパンもシャルドネが多い気がします。

シャルドネだけで作れれたシャンパンは「ブラン・ド・ブラン」と呼ばれます。

ムニエ

黒ブドウ。

シャルドネの味をさらにマイルドにする仲介役みたいなブドウ。

これがメインのシャンパンはかなり少ないです。

ピノ・ノワールとムニエのみを使って作るシャンパンは、「ブラン・ド・ノワール」と呼ばれます。

シャンパンの種類

シャンパンの種類もさらっと書いておきます。

種類 解説
ブラン・ド・ブラン シャルドネのみのシャンパーニュのこと。ミネラル感が強めでとても飲みやすい。
ブラン・ド・ノワール ピノ・ノワールとムニエ、どちらかもしくは両方から作られるシャンパーニュのこと。わりと個性的なのが多い。
ロゼ ピンク色のシャンパーニュ。見た目は女子ウケするけど、味はあんまり女子ウケしたためしがない…。
ミレジメ ヴィンテージシャンパーニュのこと。作り手によっては、ブドウのデキが良い年だけしか作らないとこrもある。
プレスティージュ デキが良い年のグラン・クリュ畑から作られる最上級シャンパーニュ。お高い。
グラン・クリュ フランス語で「特級」という意味。ブドウの畑は格付けされていて、「格付けなし」「プルミエ・クリュ(一級)」「グラン・クリュ(特級)」の順番になる。
プルミエ・クリュ フランス語で「一級」の意味。

生産者番号

略号(ラベルに記載) 解説
NM ネゴシアン・マニピュラン。各地のブドウ栽培社からブドウを購入して作ってる業者のこと。割と多い。
RM レコルタン・マニピュラン。ブドウ栽培もするし、醸造もする業者のこと。
ND ネゴシアン・ディストリビュテュール。ほかの業者が作ったシャンパンを購入して自分のブランドとして売ってる業者のこと。
MA マルク・ダシュテュール。顧客オリジナルなシャンパン。(スーパーのプライベートブランドや有名人や個人名など)
RC 協同組合から荷重や原酒を仕入れて醸造したり、完成したものを仕入れて販売する業者。
CM 協同組合から仕入れたブドウを使って、醸造する業者。

シャンパンの甘さを見分ける方法

シャンパンの甘さにはそれぞれ呼称がついています。

呼び方 ドサージュ量(1リットルあたりの糖分の量) 甘さ
ノンドサージュ(ブリット・ナチュール) 3g以下 極辛口
エクストラ・ブリュット 6g未満 すごく辛口
ブリュット(一般的) 12g未満 辛口
エクストラ・ドライ 12~17g やや辛口
セック 17~32g わりと甘口
ドゥミ・セック 32~50g 甘口
ドゥー 50g以上 劇的な甘さ

ほとんどのシャンパンには名称にこれらがついていますが、一部のシャンパンにはついていません。

ヴーヴリッチやモエのアイスアンペリアルなど、カクテルや氷を入れて飲むのがメインのものは書かれていないことが多いようです。

初めてシャンパンを飲むのであれば、ブリュットかセックあたりのシャンパンがオススメ。

シャンパンを美味しく飲むグラスの選び方

シャンパングラスと言えばフルートグラスです。

こんなヤツですね。

しかし、実はこれではシャンパンの本来の味を引き出しているとは言えません。

実際はもうちょっと飲み口が広いシャンパングラスのほうが、味も香りもわかりやすくなります。

たとえばこれとか最高ですね。

グラスのブランドに迷ったら、リーデルを選べば間違いありません。

ポイントは、飲み口が薄いこと、飲み口が狭すぎないこと、この2点です。

シャンパンに合う料理

ワインだと料理に合わせやすいセオリーみたいなのがありますよね。

赤ワインは、赤身の多い肉、マグロ、白ワインは白身魚、鶏肉など…。

シャンパンはわりとオールマイティになんでもあいます。

フレンチだけかと思いきや、和食にも合うのでステキな感じ。

個人的には脂っこいアメリカンなものも合うと思ってます。

もちろんイタリアンにもあいますし、だいたいどんな料理でもイケるんじゃないかな…。

あ、激辛韓国料理はさすがにシャンパンの味がわからなくなるのでオススメはしませんw

美味しいスパークリングワインのランキングというかこれ一択!

シャンパンの美味しいのはわかったけど、もーちょい安いのでないかな…というのであれば、これをオススメします。

スパークリングワイン カルテット・ロデレール・エステート・ブリュット 750ml 1本
  • ロデレール・エステート(ルイ・ロデレール)
  • 価格   ¥ 3,860
  • 販売者 熨斗包装無料 とっておき酒天本舗
クリックして今すぐチェック

カルテット・ロデレール・エステート・ブリュットです。

これは、ルイ・ロデレールがカリフォルニアで手がけているスパークリングワインで、ほかのスパークリングと比べて遥かに美味しいです。

ぶどう品種の割合は、シャルドネが70%、ピノ・ノワールが30%とまさに飲みやすい割合になってます。

…まぁ結局のところ4,000円くらいにはなっちゃうんですけどね…。

スーパーとかで売ってる安いスパークリングワインは美味しくないのでオススメしません。

テレビで話題のナンバーワンスパークリング!とか飲んでみたんですけど、普通にマズかった…w

シャンパンのみならず、スパークリングでも美味しいものはやはり3000円以上のものが多いようです。

まとめ:シャンパンは美味しくて奥深い!

ざっくりとまとめたつもりが、かなり長くなってしまいました…w

ここに書いたシャンパンは、なるべく万人受けするものをセレクトしたので種類はそんなに多くありません。

シャンパン自体はもっともっとたくさんの種類があり、個性も様々です。

ぜひ、ここに書いてあるシャンパンを入り口として、奥深いシャンパンの世界にハマってみてください!