30代独身の生き方は、”幸せ”と”後悔”が紙一重という話

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



ぼくも30代の半ばを過ぎ、20代では考えなかったようなことも考えるようになってきました。

年収2,000万円クラスの人も年収300万円クラスの人もおそらく誰もがふと思うことがあります。

それは、

「自分は何者にもなれなかった」

ということ。

テレビでイチローの引退会見を見てたり、日々ものすごい功績を残す人たちを見て「自分はあそこまでなにかを残せるんだろうか…」と考えたりします。

20代のときは、根拠なき自信に支えられていて「なんとかなるっしょ」という精神で実際になんとかしてきました。

ぼくもそれなりに雑誌に載るような仕事をして、個人的にインタビューをされたことも数回あります。

でも、その程度なんですよね…。

30代になると、「自分の限界」が見えてきます。

そして独身でいることに引け目を感じるようになります。

とくに親戚が結婚したりすると、新年の集まりが苦痛で仕方ない…という経験ありませんか?

ぼくはありますw

しかし、ある時ふと、「30代独身ほど幸せな状態はないのでは?」ということに気が付きました。

だいたいの物事は考えようによって良くも悪くもなります。

今回は、「30代独身が陥りやすい後悔」と「幸せの形」について考えてみました。

30代独身の生き方は、”幸せ”と”後悔”が紙一重という話

30代半ば以降の独身の悩みは、「結婚するにはすでに手遅れ」という後悔

30代前半ならまだ結婚したくなったらできますが、30代も中盤から後半になってくるとほぼ結婚はできません。

若い内は「ずっと独身でいいやwww」と余裕で遊んでいたのに、年をとってから「孤独だ…結婚したい…」となってもなかなか難しいものです。

正直な話、男性も女性も30代で独身の人は大抵、個性が強めになってくるので結婚する相手に向きません。

30代と20代の結婚ならなんとかうまくいく可能性がありますが、それなりの魅力と妥協は必要です。

30代で孤独なことに嫌気がさしてしまったら果たしてどうしたらいいでしょうか。

ぼくの答えは、「結婚相手を探すよりも、独身を謳歌してる仲間を作ること」です。

結局、人間は孤独になるとネガティブになってしまうもの。

自分と同じような人たちを探し、仲間になることで簡単にシアワセは手にはいります。

後悔、先に立たず。過ぎたことはどうしようもないので悩まない

「あの時にああしてればよかった」

「あいつと結婚してたらどうなってただろうな」

「あの会社をやめてなかったらどうなってただろう」

人生を30年も生きていれば、後悔の一つや2つ、誰にでもあります。

そして「今ならあのときの決断はバカだったことがわかる…」ということもあるでしょう。

ぼくは百個くらいありますw

でも、そんななんやかんやを過ごしてきて今があります。

過去をやり直すことは今の所できないので、未来に向けて行動するように心がけましょう。

ぼくが一番後悔してるのは「なぜ長期投資をしてこなかったのか」

富裕層の家庭なら、長期投資は普通にやっているところが多いと思います。

ぼくが生まれたときに10万円を米国株のインデックス投資をしていたらどうなってたでしょうか。

過去30年間の平均リターンは約10%ほどなので、だいたい174万円になります。

生まれたときから毎月1万円を積立投資してたらリターン10%で2,200万円にもなります。

でも日本の家庭で投資をまともにやってるところなんてそうそうありません。

富裕層にお金が集まるというのは、こういった長期投資をしっかりやってきているからなんですね。

ぼくがそれに気づいたのは、30代になってから。

めちゃめちゃ遅いですが、利益は100万円以上でてるのでやりはじめてよかったと思っています。

やってこなかったことは仕方ないので、年をとってから「30代からでも投資をしとけばよかった…!」とならないように前向きに捉えましょう。

投資については、こちらの記事でまるっと解説しています。

【初心者でカモられない】投資のはじめどきの考え方

なんだかんだで、結局悩むのは、「結婚」と「お金」の問題なんですよね。

しかし、いまさら悩んだって仕方ありません。

30代の独身生活を幸せにするのも、後悔で終わらせるのも自分しだいです。

どうせなら幸せに生きたいので、幸せに生きるためのポイントをまとめてみました。

30代、独身生活を幸せにするポイントその1:やりたいことをガマンしない

30代ともなると、いろんなことが自由になっています。

旅行に行くのも、新しい趣味を始めるのも、仕事を変えるのも自由です。

とくに趣味は仲間を見つけやすいのでオススメ。

僕はカメラが趣味なんですが、同じような年で独身生活を謳歌している人たちがたくさんいます。

30代、独身生活を幸せにするポイントその2:他人と比較しない

Twitterやインスタグラムをやってると、「みんな人生楽しそう」と思っちゃいますよね。

でも、結局は”隣の芝生は青く見える”という状態になっているだけです。

みんな誰しも悩みを抱えながら生きています。

結婚したけど離婚したくてたまらない人、子育てがうまくいかなくて精神的にやられてる人、仕事の重圧でストレスがマックスな人…。

でも誰もがSNSでは「常に幸せな人」を演じています。

他人の一部だけを見て比較してはいけません。

30代、独身生活を幸せにするポイントその3:独身だということを考えすぎない

「周りはみんな結婚してて、自分は一人なんだよなぁ…」と考える時もあります。

でも考えすぎても落ち込むだけです。

いいことはありません。

同じ独身仲間で遊びに行きましょう。

30代、独身生活を幸せにするポイントその4:テレビを消そう

テレビは百害あって一利なしです。

部屋でぼんやりテレビを見てる時間があったら、その分なにか趣味を始めるか仕事をしましょう。

30代、独身生活を幸せにするポイントその5:筋トレをしよう

筋トレをやると、セロトニンという幸福感を感じる物質が脳内で分泌されます。

バーモント大学の研究によると、「20分の運動でもその後12時間にわたって幸せを感じやすくなった」という結果があります。

ぼくも24時間ジムに通ってほぼ毎日筋トレなどの運動をしていますが、結構、効果的なんですよね。

なにより「お腹がでてないでスタイルを保てる」というのも大きなメリットです。

うつっぽいなと思ったら、ガッツリ筋トレをしてみましょう。

30代、独身生活を幸せにするポイントその6:交代浴をたまにする

温冷交代浴ってご存知ですか?

お風呂に入って温まり、水風呂に入って冷やし、を繰り返す入浴法のことです。

これがかなり自律神経の調子を良くするのでオススメ。

ぼくは週1くらいで銭湯に行って交代浴をしてるんですが、肌もキレイになります。

「なんか体調がすぐれないな…」と思ったらやってみてください。

30代、独身生活を幸せにするポイントその7:内蔵の調子をなるべく整える

これ、地味に大事なことです。

30代ともなると、胃が持たれやすくなったり二日酔いになりやすくなりますよね。

内蔵が不調だと、メンタル的にもネガティブにいきやすくなります。

さらに動くのがめんどくさくなってくるので、だらだらとした生活になりがち。

規則的な食事、バランスの良い食生活を心がけましょう。

ぼくは毎日スイートを大量に食べてたら逆流性食道炎になってしまいました…。

体調が悪くなったら、すぐに病院に行くことが肝心です。

30代、独身生活を幸せにするポイントその8:なんでも試してみる

人間、年をとると保守的になりがちです。

若さを保つためにも、自分から自発的に興味を持って試してみましょう。

ぼくもこの前、ふと鎌倉に行きたくなったのですぐさま行ってきました。

仕事サボり日帰り1人旅行のススメ【鎌倉編】

まとめ:30代独身の幸せライフは、自分で作るもの

考え方、行動をちょっと変えるだけで、憂鬱な30代独身生活が楽しく幸せなものになります。

ものは考えようですね…。

シンプルに結論を出すと、30代独身生活に必要なものは、

  • 同じタイプの仲間(孤独にならないこと)
  • ポジティブな行動力(受け身の人生にならない)
  • 投資の正しい知識(お金はいつでも大事)

この3つが大切だと思います。

楽しい独身生活を満喫していきましょー!

そらすけの運用実績もまるっと公開しています!

ぼくが始めて資産運用をしてからの月別実績も正直に公開しています。

sorasuke

これからはじめられる方も、ぜひ参考にしてみてください~。

【始めて投資をする方へ】初心者そらすけの運用実績ブログを公開!

マイナスになったときは、温かい目で見守っていただけるとさいわいです…。

よかったらこちらも…
sorasuke

あの、こちらのボタンを押してもらえると、読んでくれてる方がいるんだ!とぼくの励みになります…。

匿名の人気投票的なもので、これをクリックするだけでOKです。ぜひ、よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村