【辞めて良かった】つまらない仕事はやめたほうがいいと思う5つの理由

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



あなたはたま~に、「仕事が嫌でしかたない…。ラクして稼ぎたい…」って思いながら仕事をしていませんか?

つまらない仕事ほど、時間を長く感じるものはないですよね…。

「給料を稼ぐためにはしかたない」と考えている方もいますが、それははたしてシアワセなことなのでしょうか?

ぼくは5つの理由から、「ツマラナイ仕事はやめたほうがいい」と思っています。

sorasuke

もちろんやめたいと思うだけではなく、自分で実践もしてきました。

いやーやっぱりどうせ働くなら、楽しい働き方のほうがいいですよ…。

ノーモア・ツマラナイ仕事!ヾ(。`Д´。)ノ

ぼくらは人生の中でもかなりの長い時間を仕事に費やします。

ということは、仕事がつまらなければ人生の4割くらいはつまらないとも言えちゃうわけです。

そんなんはもったいない!

せめて人生の5割くらいは楽しい時間でありたい!

ツマラナイ仕事を辞めて、楽しい仕事ができるためにはどうすればいいか、そこのところをバッチリ書いていくので、ぜひ参考にしてみてください!

つまらない仕事はやめたほうがいいと思う5つの理由

つまらない仕事は周りもネガティブな人が多いので、精神的に良くない

つまらんなーと思う仕事って、周りの人も同じように思ってやってる場合が多いです。

つまらないことをずーっとやってたら、誰しもがネガティブな感情になってしまうもの。

あなたがネガティブな精神状態のときに、職場でネガティブな話を聞いてたら、そりゃウツにもなるってもんです。

人生をシアワセに生きるためには、どうでもいいネガティブな話は避けましょう。

ぼくの経験上ですが、つまらない仕事が多い職場の人って基本的に向上心がなく、現状維持しかしない感じでした。

そんな環境にいると、どんどんやる気が失われてしまいます。

いまあなたがこれを読んでいるということは、内心「こんな職場にいたくない…」と思っているからじゃないですか?

その判断、正解だとぼくは思います。

つまらない仕事は、今後なくなっていく可能性が高い仕事

つまらん仕事の半分以上は、ルーチンワークだったりなんのためにやってるのかわからないような仕事だったりします。

今後、ルーチンワーク(単純作業)は、機械化とAIの進歩によって、自動的に機械がやってくれるようになります。

それもほんの数年後には大きく変わっていくことが予想されます。

例えば、コールセンター。

お客さんからの苦情や問い合わせを受け付けるコールセンターは、大変ストレスの貯まる仕事です。

世の中にはいろんな人(クレーマー)がいますからね…。

コールセンターで働いたことのある知り合いに聞いたら「あんたの声が好きだから聞きたくてまたクレームの電話した」って言われたこともあるそうです。

これはストレスが貯まる…w

今よりAI(人工知能)が進歩すれば、コールセンターは間違いなくAIの独壇場となってきます。

AIはストレスを感じず、しかも的確な答えを返すことができるので、人間にやらせるよりも効率的です。

単純な事務作業なんかも、AIに変わられていくことは間違いありません。

今後、なくなるかもしれない仕事をやっていくのは恐怖ですよね…。

聞いた話ですが、コールセンターに電話して、シモネタばっかり言う人もいるそうです。

sorasuke

相手が嫌がるのが好きなのかな…。

もしAIに切り替わったとしても、そういうおっさんは相手がAIだと気づかずにずっとシモネタを言い続けるのかも…シュール…。

あなたの仕事は、AIや自動運転などの機械化でなくなりそうではありませんか?

つまらない仕事は、自分の価値を上げることができない

仕事をするうえでもっとも大事なことは、「自分の価値をあげることができるか」です。

自分の社会的な価値があがれば、転職は余裕でできます。

自分から探すどころか、会社のほうから誘いがくることだってあります。

やりがいがあって大変だけど楽しい仕事というのは、自分の価値やスキルが上がる仕事です。

逆につまらない仕事はどれだけやっても、スキルが身についたりはしませんよね?

たとえ身についたとしても、転職に有利になるスキルかどうかはなかなか難しいところです。

あなたの社会的な価値はありそうでしょうか?

もし不安だったとしても、心配しないでください。

転職で、未経験業種(特にオススメはIT系)に行ってしっかり仕事をしていけば、あなたの価値は今まで以上にあがっていきます。

つまらない仕事は、大抵、賃金が安い

つまらない仕事というのは、給料が安いことが多いです。

なぜなら、給料が高い仕事というのはある程度「やりがい」や「好きでやってる」人が多く、そうじゃないと生き残れないからです。

逆につまらない仕事というのは、ある意味「誰がやってもいい仕事」であることが多いです。

誰がやってもいい仕事ということは、給料を高くしなくても誰かがやる仕事。

とはいえ、つまらないと感じる仕事の中には、ごくたまに給料が高い仕事もあります。

例えば、お医者さんや飛行機のパイロットでも、「つまらん仕事だな…」と感じている人も多少はいるはず…。

そういう方は、なんとか自分のキャリアの中でやりがいを見つけるしかありません。

どのみち、給料が高くても安くても、「つまらん仕事」と感じたときは、転職をして環境を変えることが有効です。

つまらない仕事は、時間を失うだけ

つまらない仕事で失うもの、それは「時間」です。

時間は誰しもが失ってしまったら取り戻せません。

ぼくは20代前半という貴重な時間を、工場で働く派遣社員というつまらない仕事で使ってしまいました。

最近、20代前半で起業した学生と会うことが多いのですが、彼らはめちゃくちゃ目がキラキラ輝いています。

ぼくはつまらない仕事で時間を5年ほど失ったため、好きな仕事で起業するのも30代になってからでした。

普段、給料の額を気にすることはあっても、どれだけその仕事をすることで、あなたの貴重な時間を失ったかはあまり考えることがありません。

お金も大事ですが、時間はもっと大事です。

  • つまらない仕事で5年間過ごす。
  • やりがいのある仕事で5年間、スキルを磨く。

この2つの働き方を比べたとき、5年経ったあとでは大きな差がついてきます。

つまらない仕事はやめるべき、と思うのは、これが一番の理由です。

つまらない仕事をやめたいときはどうするべきか

あなたのキャリアによって大きく2種類の考え方があると思っています。

それは、

  • 給与も良くてスキルも磨けるけど、仕事がつまらない場合
  • 給与が安くてスキルが磨けないし、仕事がつまらない場合

このどちらに当てはまるかでどうすればいいか、考え方が変わってきます。

給与も良くてスキルも磨けるけど、仕事がつまらない場合

お金も貰ってるし、人よりも仕事のスキルが高いのに、仕事がつまらないく感じる方…。

職種でいうと、医者、プログラマー、パイロット、薬剤師、建築士などの専門職ですね。

そういった方の仕事がつまらない主な原因は「環境要因」です。

  • 同僚が合わない。
  • お客がめんどくさい。
  • 上司が合わない。
  • 残業が鬼のようにある。

などなど…。

そういった方は、今の職種のままでの転職を考えてみて下さい。

スキルがある方の場合、転職活動はかなり楽勝パターンだと思います。

ぼく自身、同じ職種に転職するときは、自分の実績をアピールすれば余裕で転職ができました。

同じ仕事内容でも、環境が違うと楽しさややりがいも変わってきます。

給与が安くてスキルが磨けないし、仕事がつまらない場合

給料も安いし、なにもスキルが身につかない職場だ…という方。

そういう方には、IT系の業種への転職をオススメしています。

システムエンジニアやWEBデザイナー、プログラマーなどですね。

なぜIT系がおすすめなのかというと、

  • 人手不足な業界なので、未経験でもがんばれば入社できる。
  • IT系は今後も伸びていく業界。
  • クリエイティブな仕事が多く、やりがいを感じやすい。
  • 会社がなくなっても、スキルがあれば転職しやすい。
  • 副業でめっちゃ稼げる。

こんな感じの理由があります。

sorasuke

ぼくからしてみれば、IT系こそが貧乏から抜け出す大きなチャンスだと思っています。

実際、工場のラインでエアコンを組み立ててたぼくが、webデザイナーになって独立できたわけですし…。

そして重要なこととして、IT系のスキルが身につくと、個人でも仕事を請け負うことができます。

ぼくも副業として、某大手自動車会社のwebサイトや、某大手会社の特設webページなんかを手伝ったことがあります。

やっぱり誰もが知ってる会社の仕事とかって、やりがいもありますし、楽しいんですよね…。

しかも貰えるお金も多い!w

IT系の会社に入ってがんばってスキルを伸ばしていくと、こんな感じに楽しく副業をすることができます。

ぼくの場合は、副業をがんばりすぎて本業よりも稼げるようになり、結果的に起業しましたw

そこまでするかどうかは置いといても、人生の自由度が上がるのは間違いありません。

ぼくがつまらない仕事を今もずっとやり続けていたら、起業なんて夢だったと思います。

仕事がつまらないと思ったら、楽しそうな職種に転職するのがシアワセへの近道なのです。

つまらない仕事から楽しい仕事へ。賢い転職のやり方

よし、転職をしよう!と決意したあなた。

おめでとうございます!

でも、すぐに辞表をおらーって出すのはやめましょう。

はやまらないでくださいw

まずは、在職中に転職サイトへ登録し、いろんな求人情報を見てみることから始めましょう。

無料でいろんな会社の情報を見ることができ、もちろん今いる会社にもバレません。

「どんな会社に転職したらいいのかわからないよ…」という方は、転職アドバイザーに相談するのもアリです。

転職アドバイザーというのは、転職サイトに登録すると、無料で相談できるプロの人達のこと。

めっちゃ親身になってやってくれるので、すごく助かります。

ぼくの経験上、転職サイトは1つじゃなくて最低2つくらいは登録しておいたほうがいい感じ。

転職アドバイザーは複数いたほうがいいですし、転職サイトによって求人を出してる会社も違いますしね。

間違ってもハローワークで求人を探しちゃダメです。(やる気のない職員にあたるとサイアクです。)

ちなみに転職先を探すポイントとしては、

  • 社内の雰囲気は良さそうか(面談の時に観察)
  • 残業は少なそうか(残業よりも副業をするべき)
  • 新しいことをやろうとしているか
  • スキルを学んでレベルアップできそうか

この4つが重要だと思っています。

給料は自分のスキルが上がってくれば、自動的に上がってくるはず。

もし、自分のスキルと給料があってない場合は、転職してより良い条件のところに行けばいいだけです。

つまらない仕事は、時間を無駄にする、つまり人生を無駄にすごすことになってしまいます。

ぜひ、あなたにとって楽しい仕事、やりがいのある仕事を見つけて、シアワセになっていきましょう!

 

~偉人が語るシアワセについての一言~

変化を受け入れて、それを挑戦ととらえ、学びなさい。・・・エレナ・ブルヴリ