あなたをシアワセにする「転職」の考え方

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,297,032円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



これを読まれているあなた、お仕事で疲れていませんか?

心地よい労働の疲れならシアワセにも繋がりますが、もしそうでないならぜひそこから抜け出すために転職をしてみましょう。

というマジメな感じの出だしで書いております、プロ転職師そらすけです。こんにちは。

えーとですね、今回はめちゃくちゃ大事な話をします。

単刀直入に言うと、

どうやったら楽しくお金を稼げるのか?

ということです。

なぜそんなことを書くのかと言えば、ぼくがその答えの一つを知っているからにほかありません。

実際に実践していて、楽しくお金を稼ぎつつ、自由な時間を楽しみ、美味いものを食べています。

ちなみに今日も五反田の”それがし”っていうお店で、極上のローストビーフなど美味しいものを食べました。

めっちゃうまかった…。

お肉がメインなんですけど、日本酒にかなりのコダワリがあるお店です。

もちろん、日本酒にぴったりのここでしか食べれないおつまみも極上!

コレ、酒粕のレーズンバターなんですけど、ハンパなくウマいです。

女子連れてきたらゼッタイにテンションあがるヤツ。

ここ、かなりオススメです。(ご予算ひとり8000円くらい)

すみません、話がそれました。

つまりその、転職をうまいことやって時間とお金が自由になってくるとこういうお店にもぽこぽこ行くことができますよ!というのが言いたかったのです。

あなたの胃を刺激したいのが目的ではありませんw

ちゃんとどうやったら楽しく稼げるのかを書きますので、ぜひ参考にしてみてください!

あなたをシアワセにする「転職」の考え方

これからの働き方は、「好きなことをする」ということ

ぼくが楽しくお金を稼ぐために出した結論がこちらになります。

自分の好きなことをお金に変える。
そのための時間やスキルを習得できる職場に転職する。

…。

「自分の好きなことをお金にするってそんなのキレイゴトでしょ?w」

「人生、好きなことだけで生きてくのはムリだよ。そんなに甘くないって」

ということを思った方もいるかも知れません。

確かに、一昔前は「好きなことで稼ぐ」のはなかなかムズカシイ時代でした。

でも今はお金の稼ぎ方は様々な方法が増えてきています。

ブログを書くブロガー、動画を配信するYouTuber、ファンからお金をもらうSHOWROOM、ゲームで稼ぐプロゲーマー…。

そんなのごく一部の人だけって思うかも知れませんが、今後どんどんこういった人達がバク増していきます。

今もすでにブロガー人口は600万人以上いて、日本の人口の20人に1人はやってるような計算になります。

一昔前なら考えられない状況ですよね。

ぼくの周りでもブログをやっている人は多く、副業的にやって月々数万円稼いでいる人もいますし、ぼくのブログも月に数十万円は稼いでいます。

知り合いの某社長は、副業で作ったブログで月に数百万円も稼いでいました。

本業でもお金持ちなのに、そんなに稼いでどうするんでしょう…w

自分の好きなことで稼げることに気がついた人達は、どんどんその道に進んでいっています。

残業であなたの人生を使っちゃっていいの?問題

先程書いたような、自分の好きなことをやって稼いでいる人に共通するのは、

自由な時間をちゃんと作れる働き方をしている

ということです。

いくら自分の好きなことを副業にしたくても、自由な時間がなかったらできません。

毎日夜遅くまで仕事だ…なんてやってたら、自分の好きなことをする気力なんてわきませんよね。

人生の中で、「仕事に使う時間」はかなり大きなウエイトをしめます。

1日8時間仕事をしたら、1ヶ月で192時間、1年で2304時間も仕事に時間を使っています。

人生の大半を、仕事の残業で消費するのはもったいなくないですか?

どうせなら、残業なんてしないで自分の好きなことをする時間にしたいですよね。

でもなぜか多くの人は、転職よりも今の環境に残るほうを選びます。

その理由は「転職できるか不安だしめんどくさそうだから」です。

たしかに転職をしたことないとそういった不安な気持ちになるのも無理ありません。

しかし、ぼくは学歴なし、スキルなし、人脈なしでも余裕で転職をすることができました。

しかも転職サイトを使えば、そんなにめんどうなこともありません。

イマドキ履歴書を手で書いたりもしませんし、ハロワにわざわざ行って求人票を見たりもしませんw

仕事のお昼休みにでも、スマホで良さげな求人を鼻歌交じりに探せる時代です。

結局のところ、転職でシアワセになる人、転職できない人は、行動をする人としない人、というだけの違いです。

そしてその違いが、将来を大きく変えることになるのです。

人生100年時代の働き方

医学の進歩によって、平均寿命がめちゃくちゃ伸び、気がついたらもう人生100年が普通になりそうな勢いです。

ということは、ぼくらはこれからあと3.4倍もの時間を生きることになります。

いやースゴいですよね…。

脳の研究も進んでいて、あと20年もすればボケや記憶力低下がなくなるという話もあります。

老化現象も比較的抑えられて、今の40代くらいの感じで80才まで生きられちゃうかもしれません。

となると、問題は年をとったときに楽しく生きられるかどうかです。

昔は定年が60才で、それ以降は年金でラクに暮らせました。

今後は65才が定年になり、さらにぼくらの世代は様々な理由から年金がアテになりません。

年をとっても、ある程度はなにかでお金を稼がなければいけないのです。

そう考えたときに、今の会社にずっといつづけていいのか…という疑問が出てきます。

あなたが今の会社にずっとい続けた場合、果たして老後は安泰でしょうか?

そもそもその会社は今後もずっと残り続ける会社でしょうか…?

これから先、AIの登場によって単純な労働は人間がやらなくてすむようになります。

間違いなく、ぼくらが生きている間、それもあと数年でそうなってきます。

そうなったとき、あなたは今の会社で今の仕事をやり続けることができているでしょうか…?

めちゃくちゃ不安になりますよね。

ぼくは一つの会社だけで生きていくことは非常にリスキーだと思っています。

会社というのは言ってみれば1つの世界です。

1つの世界しか知らない状態で年をとったとき、もしその世界がなくなったらどうでしょう。

ほかの世界(会社)は、いままでとは全然違うルールや習慣があることに気づき、年老いたときには適応できないかもしれません。

そうならないためにも、若い内に転職をしていろんな世界を体験してみるのは悪くないことだと思っています。

ぼくは5回転職しましたが、どの会社もルールや雰囲気、仕事のやり方は違っていました。

いろんな会社でいろんな人と会うこと自体もいい刺激になるので、転職は得られるものが大きいのです。

転職で大企業はススメない理由

いまだに世の中では「一流の企業に入れば安泰」だと思っている人が多くいます。

とくにぼくらの親世代ですね。

大企業に入る→年功序列で昇進が約束されてる→給料もどんどん上がり、退職金もウハウハ。

残念ながら、いまどきそんな企業はほぼありません。

逆に、大企業に入ったらどうなるかといえば、

  • よくわからない指示系統
  • 意味のない派閥争い
  • ムダな部署間のいざこざ
  • やりたい仕事と関係ないとこに回される人事
  • めんどくさい職場のパワーバランス
  • いきなり知らない地方に飛ばされる可能性
  • 残業にできないこっそり残業

ざっとこんな感じです。

もちろんそうじゃないところもあるとは思いますが、入るまではなかなかわかりません。

エリートサラリーマンも大変ですね…。

しかもこれで将来が約束されているかと言えば、まったくそんなことはないわけです。

メガバンクですら3割の人員削減をする時代です。

大企業だからと言って、そこに在籍していれば安心というのは幻想にすぎないのです。

とはいえ、大企業で自分のやりたいことを楽しんでやっている方は超勝ち組なので、転職する必要はありません。

でも、そんな人はごくごく一握り(もしくは都市伝説並)なのです。

ホワイト企業は中小企業にアリ!

ぼくが転職でススメるのは断然、中小企業です。

中小企業のメリットは、

  • 規模が小さいので、人間関係がめんどくない場合が多い。
  • 中小でうまくやってるところは、独自の強みがあるところが多い。
  • 意外と探せばホワイト企業がある。
  • なにより転職しやすい(ちょっとでも有能な人は大企業を狙うため)

みんな嫌がる中小企業ですが、実はメリットがかなり多いです。

実際、ぼくも中小企業にしか転職したことはありません。

大企業からオファーが来たり、知り合い繋がりでヘッドハンティング的なこともあったのですが、行きませんでした。

先程書いたとおり、大企業はあんまり魅力的じゃないんですよね…。

ぼくが理想とするのは、中小企業で定時上がり、年収もそこそこ、スキルも覚えれるという会社です。

ではそんな会社をどこで探したらいいのか…。

それは、転職サイトを見れば一発です。

もうめちゃくちゃ簡単。

しかも中小企業は人不足なところが多いんですよ。

少子高齢社会ですからね…。

すごい狙い目なのに、これに気づいている人はあんまりいません。

まさに今が狙い目!だと思っています。

今いる会社にいるのも自己責任

転職するのは自分の意思決定なので、ちょっと勇気がいります。

でも、今いる会社に居続けるというのも自分の意思、自己責任なのです。

果たして本当に、今いる会社に居続けて将来が安泰なのでしょうか…?

みんな悩んでいると思います。

でも、ほとんどの人は悩んでいるのに行動しません。

なぜなら、転職が怖いから。

しかしこれを読んだあなたなら、転職は怖いものではなく、未来をシアワセに生きるためのものだとわかったはずです。

人間、どんな生き方をしても自己責任なことには変わりません。

大企業に勤めたからって、その会社があなたの人生の責任を取ってくれるわけではないのです。

ぜひ、自分の好きなことをする時間を作るための転職をしてみてください!

そして好きなことを突き詰めていけば、それが稼げるモトになるということを忘れないでください。

好きなことで稼いでいる例

ちなみに好きなことで稼いでいる人はどんな人がいるかというと…。

  • プラレールを作るのが好きで、動画にしたらバズっていろんなところで「プラレールを作って欲しい!」という収入が生まれた方。
  • ボイパ(ボイスパーカッション)で動画を作ってたら日本一のYouTuberになった方。
  • 大食いが趣味で、それを動画にしたら爆発的に儲かった女性。
  • メイクが得意でそれを動画にしてカリスマになった女性。
  • コンビニのアイスが好きで、アイスのサイトを作ったら儲かった「コンビニアイス評論家」
  • ゲームが好きでそのままプロゲーマーになった方。
  • ラーメンが好きすぎて全国のラーメンレビューを書いてラーメン長者になった方。
  • 昔の自販機を全国渡り歩いて撮影し、本まで出版した方。

これはほんの一例ですが、多くの人が好きを仕事にしています。

ちなみにぼくも「自分が良いと思ったものをレビューしてお金を稼ぐ」仕事をしています。

ぼくのサイトは複数あって、合計すると月に200万PVくらいあります。

個人の、しかもなんてことないぼくでも月に200万回もサイトが見られてるってスゴいことですよね。

そしてその好きなことをやって稼いだ結果、本業を辞めて好きな仕事だけで生活できるようになりました。

「自分はそんなのムリだ…」って思う人もいると思います。

でも、誰にだってなにかの才能や好きなことはあるはず。

その「好きなこと」をネットで配信すれば、月に数百万円稼ぐのは難しくても、ご飯を食べていけるくらいになるのは難しくありません。

結局のところ「やるかやらないか」だけの差なのです。

リスクをなるべく少なくする転職のやり方

転職に興味がでてきたけど、やっぱり怖いなぁ…という方のために、リスク少なめの方法を教えます。

それは、会社で働きながら匿名で探す、という方法。

転職サイトを使えば、匿名で簡単に探すことができます。

しかも、最初に「こんな感じの条件がいいな~」っていうのを設定しておけば、それにあった求人が出た時にメールでお知らせしてくれます。

便利な世の中になったもんですな…!

もし「転職したいけど、どこにしたいのかまったくわからん!」って場合でも大丈夫。

転職アドバイザーに無料で相談することができます。

相談すると、「今までの職場って、実は特別いいわけでもなかったかも…」という風に気づくこともあるはず。

逆に「今の職場、意外といいやんけ!」って思うかもしれませんが、それはそれでいい気づきだと思います。

自分のシアワセを掴み取るには、結局のところ自分で行動しないといけません。

残業につぐ残業でがんばってるところにふと肩を叩かれて振り向いたら、札束をくれようとしている紳士が立っていた…なんてことはないのです。

一度きりの人生、ぜひ悔いのない、そしてシアワセで楽しい生き方ができるようにしていきましょう!