幸せな働き方の実践法則No.13:これからを生き残るための仕事のやり方

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



この記事のあなたに役立つポイント:これからの時代で生き残るためのヒントが学べます。

これから新社会人になる方、そしてもう社会人で将来に不安を持っている方…。

そんなあなたに向けて、転職がラクラクできて給与や待遇があがるための働き方を書いていきたいと思います。

ぼくは人事の仕事もしてきた経験があるので、数百人の採用面接をして様々なひとを見てきました。

いろんな人を面接して気がついたのは、「行動できる有能な人は学歴に関係がない」ということ。

東大や慶応などを出ていても、自分で考えて行動できない人は多くいますし、逆に高卒でもガンガン行動して年収数千万円、という人もいます。

(そんなこと言っても、行動できる人ってそもそもなに…?)と思いましたか?

行動できる人とは、言われた仕事をこなすだけじゃなく、自分で考えて動ける人のことです。

これは会社のためにやるというよりは、あなた自身のスキルアップのため、ひいては高待遇で仕事をするための処世術でもあります。

そして行動できない人は、今後生き残っていくのが難しくなってきます。

年代別平均に満たない給与、リストラ、派遣社員、海外からの優秀な人材との競争…。

結局のところ、自分を守るのは会社ではありません。

自分自身です。

生き残っていくためには、自分自身のモチベーションを上げて行動していくしかありません。

今回は、どういうふうに仕事に取り組んだら行動できる人になれるのか、それを解説していきたいと思います。

ぜひ、あなたのお仕事に役立ててみてください!

幸せな働き方の実践法則No.13:生き残るための仕事のやり方

入社1~2年:基本を習得する段階

入社して最初のうちは、仕事の作法や知識の基本を学ぶ段階です。

パッと見、使えない先輩がいたとしても、この時点ではあなたよりは仕事ができる人です。

先輩や上司から実務の基礎的なところをしっかりと学びましょう。

この時点ではまだあなたのオリジナル性は必要ありません。

まずは愚直に経験値を積むことが大事です。

先輩から「あいつに任せておけば問題ないな」と思われるくらいになりましょう。

入社2~3年:自分なりに改善していく段階

多くの人は、上記の基本を習得する段階をずっとだら~っと何年も繰り返してしまいます。

入社してからやってることが変わらない…ということに心当たりがある方もいるかも?

2年くらいが過ぎたら、基本的なことはだいたいできるようになっているはずなので、次のステップに進みましょう。

会社のやり方に対して、積極的に改善提案を出して行動していく時期です。

ここで、自分の提案がまったく無視されるような会社なら即刻転職したほうがいいとぼくは思います。

前向きに変化しようとしない会社に未来はありません。

そして積極的に仕事をがんばっていると、あなたをバカにする人が現れます。

「あいつ、上司に気に入られようとしてイキってんなwww」みたいな感じに陰口を叩かれる職場もあります。

でもそんなのは気にしないでください。

あなたはあなた自身の成長のために仕事をがんばっているのです。

がんばる人をバカにする人は、大抵たいしたことはないので気にするだけムダです。

ちなみに、仕事によっては「大きな改善や工夫を求められてない」場合もあります。

工場のライン作業や、タクシー運転手、バイク便など、すでに決まった仕事を繰り返すような場合です。

そういった仕事を好きでやっている方はいいのですが、そんなに好きではない場合はこれもまた転職をすすめます。

なぜならその仕事をずっとやっていたところで、自分の成長に繋がらないからです。

なかには、バイク便をずっとやっていてその経験を活かして起業した、なんて人もいるとは思いますが、そういった方はごくごく稀です。

それよりも、自分を成長させることができる仕事を見つけて転職するほうが早いはず…。

仕事の改善提案をし行動する、もしくは単純作業じゃない仕事を探して転職活動をする。

こういった行動ができるかどうかで、あなたの今後は大きく変わっていきます。

入社3年目~

仕事の基礎はバッチリ、さらに仕事を改善し自ら行動することで評価されてくる時期です。

人によっては、役職も上がっているかも知れません。

ぼくは未経験でweb製作会社に入り、3年目で部長職になりました。(小さい会社でしたけどw)

そうなれたのも、自分で考えて行動してきた結果だと思っています。

有能な人でも、この段階で止まっている人は少なくありません。

でも、ここからどうするかで年収がさらにあがるか、もっと上位のホワイト企業に行けるかが決まってきます。

通常の仕事はほかの人よりも効率よくでき、みんなから信頼されているあなた。

その次に行うことは、いままでの仕事にとらわれない、あたらしい仕事を創造することです。

今いる会社でそれをやってもいいですし、ぼくと同じく起業してはじめてもいいと思います。

ほかのやり方としては、副業としてやり始めてもいいと思います。

とにかく、自分ができることの枠を増やすことが大事です。

あなたの価値は掛け算で強くなる

例えば、あなたが営業職で上記のような道を歩んだとします。

その会社の中では、あなたは営業職で一番優秀だとします。

しかし会社の枠ではなく、世の中に出たとき、あなたは一番ではない可能性のほうが大きいのです。

世間には優秀な人はたくさんいます。

その人達にどうやって勝っていくか。

それは、本業×なにかプラスアルファを見つけることです。

例えば、副業としてwebサイトの運営をしたとします。

そうすると、あなたは営業のスキル×webサイト運営のスキルが身につくわけです。

これは普通に営業スキルだけで優秀な人よりも、さらに優秀な人材と成りえます。

なぜかと言うと、営業スキルだけの人にはできない仕事ができるようになり、営業する上でもいろんな情報を知っていることで有利になるからです。

このように、あなたができること、スキルの掛け算をすることで、今後も生き残っていくことができます。

スキルの習得をしてキャリアを積めば、会社がなくなったとしても余裕で転職できますし、そもそもほかの会社から引っ張りだこな人材になっているはず。

行動することの大切さ、そしてポジティブに仕事をすることの大切さ…。

何事も真剣にがんばっていると、それが楽しくなってくることってありますよね。

小さい頃の自分を思い出してみて下さい。

なんであんなのに夢中になったんだろ…wという思い出が誰にもあるはず。

仕事も同じで、夢中になってがんばると楽しいです。

社会には、頑張ってる人をバカにする人がどこにでも一定数いますが、そんなのは無視しちゃってください。

仕事だろうと遊びだろうと、楽しんだもん勝ちです。

もし今の仕事が楽しくないのであれば、転職をするという行動も大事。

一番良くないのは、なにも行動しないでグチグチ言いながら仕事をだらだらしてしまうことです。

それではあなたもシアワセになれません。

行動あるのみ、前進あるのみ!です。

在職中に転職サイトを見るのであれば、リスクはほとんどありません。

世の中にはどんな求人情報があるんだろ…くらいな感じで、お酒を飲みながらリラックスして見てみて下さい。

繰り返しますが、自分が楽しめる仕事を見つけて、前向きに行動した人こそが生き残っていけます。

ぜひ、あなたにあった仕事を見つけて、前向きにがんばって行動してみてください!