転職を成功させたいなら、テック系を狙うしかないという話

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



工場の派遣社員から転職をして、年収800万円以上になったプロ転職師そらすけです。

ぼくは転職を5回してるんですが、確実にわかったことがあります。

それは、

近未来を考えた時、転職はテック系が一番ワンチャン狙える

ということです。

ちなみにテック系というのは、大雑把に言うと、「開発」に携わる仕事のこと。

「開発者」「技術者」「実業家」「デザイナー」などがそれに含まれます。

…そんなのいきなりなれって言われてもなれないよ!って思いました?

それが意外と大丈夫なんですよ。

あなたがもし、テック系未経験でぜんぜん違う職業だったとしても、大丈夫です!

ちょこっと根性があればなれます。

ぼくも昔は工場でエアコンの組み立てしてたんですけど、そこから転職してデザイナーになり、web系の技術スキルも身につけました。

いや~、人生、やろうと思えば意外とできちゃうもんなんですね…。

実際にテック系に転職してよかったことは、

自分の実力次第でガンガン稼げることです。

知り合いは、web周りの技術職で年収2000万円近く行く人もいます。

スゴいですよね…。

ぼくはそんなに根性がないのですが、それでも今は起業して年収1000万円くらいは超えています。

普通に会社員をやってたら、年収1000万円も無理ゲーですよね。

昔の基準で言えば、高学歴な人が仕事に人生かけてようやく30代半ばにして年収1000万円を超えるという感じでした。

しかし、今は昔と違い、自分のスキルがそのままお金になる時代です。

例えば、youtubeのゲーム実況者。

あの人たちは、ゲームをやって実況してる動画を流してお金をもらっています。

上級の人になるとおそらく月に300万円くらいは余裕でもらってるはず…。

ゲーム実況でお金をもらうなんて、ちょっと前まで考えられなかったような職業ですよね。

高橋名人かよ…ってくらいです(30代にしかわからないですが、そういうゲームの名人がいましたw)

ただ、やっぱりそうは言ってもゲーム実況でお金を稼ぐのは一部の才能ある人達だからこそ…。

ぼくら凡人は、凡人らしくもっと身近な方法でお金を稼ぐのがオススメです。

というわけで、今回は僕自身がどうやってテック系の転職で成功したのかを書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください!

転職を成功させたいなら、テック系を狙うしかないという話

テック系って具体的になに?誰でもなれるの?

テック系は、一般的には開発全般ですが、ここではIT系に特化した感じで書きます。

ざっくり言うと、webサイトの作成や、アプリの作成などになります。

今あなたが見ているこのサイトも、実はやり方を覚えれば簡単に作ることができます。

サイトを作ることができれば、そこに広告を置いて稼ぐことができます。

では、そのサイトを作るやり方をどこで覚えるのか…。

それは、

未経験OKなweb製作会社に転職して覚える

のが一番てっとり早いです。

僕自身、そんな感じでした。

まぁ未経験OKなところって、月の残業が80時間くらいは余裕で超えちゃうようなブラックが多いんですけどねw

でも、技術を覚えるにはもってこいです。

転職で成功ワンチャン狙うにはこれくらいのリスクは仕方ないとぼくは思っています。

sorasuke

いままでたいして勉強したり努力してこなかった分、ここで頑張る時が来たか、くらいの気持ちでやってました。

人生、どこかでがんばらんとイカンですよね…。

この壁を乗り越えたら、自分史上、最高で最強になれるはず!と思ってがんばりました。

実力がついたらホワイト企業に転職するも簡単ですし、まずはとりあえずがんばって覚えることが大事です。

 

ところで、Amazonや楽天って使ったことありますか?

おそらくほとんどの方が使ったことがあるサイトなはず…。

めちゃくちゃ便利ですし、店頭で買うより安いことも多いですよね。

そのAmazonや楽天で売ってる商品を紹介したら、紹介料が入るようなサービスがあるのはご存じですか?

自分のブログで商品を紹介して、それを見た人が商品を買ったら、あなたに紹介料がはいるサービス、それを「アマゾンアソシエイト」と言います。

 

例えば、3万円のスピーカーを買ったとします。

「これええ音やんけ…誰かにオススメしたいんじゃ!」と思って、自分のサイトで「このスピーカー買ったけどオススメやで!」っていう記事を書いたとします。

そしてスピーカー選びで悩んでGoogle検索してた人が、ぼくの記事を見て「よさそうやんけ!買うしかない!」って思ったとします。

その人が、ぼくの記事からAmazonに行ってスピーカーを購入したらスピーカー代金の数パーセントがぼくの収入となる仕組みです。

スバラシイ!

誰も損してない!

まとめると、

  • Amazonとしては、勝手に宣伝してくれてウハウハ
  • スピーカー選びで悩んでた人は、いいスピーカーを買えてウハウハ
  • ぼくは、スピーカーを買って、紹介料をもらえてウハウハ

てなもんです。

これは一例ですが、こういった仕組みがあってそれを実際に実現できるのは、テック系のスキルがほんの少しあれば簡単です。

逆に言えば、こういったスキルをまったく知らない人は絶対にできません。

ぼくが工場でエアコン組み立ててるだけだったら、このような仕組みを知ることがないままだったかもしれません…。

テック系企業に転職して、webの知識を覚えたからこそできるようになったんです。

ちなみに趣味のサイトを作ってみたところ、月3万円くらいは毎月儲かってます。

年にすると36万円です。

しかももう3年くらい前に作ったので、そのサイトからの売上は100万円以上になっているという…。

テック系企業は、有能になればなるほどいろんな企業からお誘いがきて、年収もガンガンあがる転職ができます。

さらに副業としてぼくのように趣味でなにかを作って、それで収益を得ることもできるのです。

これぞまさに転職を成功させた!と言えますよね。

今、テック系企業に求められるスキルはなに?

正直、普通にサイトを一から作れるスキルを持ってればそんなに困ることはありません。

php(ぴーえいちぴー)や、javaScript(ジャバスプリクト)などですね。

ここらへんがわかってくると、アジャイル、.net、Python、SQLサーバー、オラクル、C言語、Gitなどを覚えていくようになってくる人もいます。

オススメとしては、

デザインスキル+web作成スキル(phpとjavaScriptとmySQLなど)

です。

これがあると、転職がめちゃくちゃラクになりますし、転職先を余裕をもって選ぶことができます。

ていうか、有能な人はヘッドハンティングされます。

年収もあがり、待遇もよくなり、副業でもがんがん稼げる…。

まさに成功ってヤツですよ…。

ジャパニーズドリーム…!

ほかの職種だと、どれだけがんばっても年収800万円もいかないってことが多いですよね。

例えば事務職や経理職だと、定年まで働いても年収700万円いくかどうか…。

しかも、そういった単純作業は今後、AIに置き換えられていくので将来性もありません。

でもテック系のスキルがあれば、乗り越えられます。

テック系バンザイ!

sorasuke

しかもテック系ってなにかを作ることになるので、成果物が目に見えてわかりやすいです。

自分が仕事で関わったものが実現するのって、やった人はわかると思いますが、充実感ハンパないです。

テック系企業に転職するにはどうすればいい?

ハローワークはやめときましょう。

ハロワに登録されてる会社は、いい会社もありますけど、ヤバメな会社も結構多いです。

それよりなにより、職員があんまりまともに職探しを手伝ってくれる感がないので、失敗する確立が高くなります。

転職するときはかならず転職サイトを利用するようにしましょう。

メリットは、

  • 無料なのでお金がかからない。
  • 在職中でもいつでも好きな時に求人情報が見れる。
  • 無料でアドバイザーに相談できる。

ほかにもメリットはありますが、ここらへんがメインどころな感じになります。

テック系とか、まったくやったことないし自分にできるかな…と思ってる方もいると思います。

でも、悩んでいる間に年を取ってしまうと、やりたくなっても時すでにおすし、いや遅しなときがあるのです。

ぼくは思い切って、未経験ながらもテック系に転職したことが成功に繋がったと思っています。

不安な方は、まずは今の仕事をやりながら、転職サイトに登録して求人情報を見てみてはどうでしょうか?

きっと、あなたの知らない世界がそこには広がっていますよ!

~偉人が語るシアワセについての一言~

あなたの人生にとっても社会にとっても意味のある仕事を探しなさい。・・・エーリッヒ・キルヒラー(ウィーン大学の教授)