五反田の極上おにく「それがし」で日本酒を堪能

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



隠れた名店が多い五反田。

街の個性も強めなので、ちょっと行きづらい感はありますが、意外とデートにも最適なお店が多くある街です。

今回行ったのは、今イケイケな「それがし」グループのうちの一つ、「肉のそれがし」です。

それがしは4つあり、

  • 酒場それがし…居酒屋系ウマいものが幸せ
  • 鳥料理それがし…鶏すきなどのコース料理が幸せ
  • 恵比寿それがし…酒場系それがしと同じような幸せ
  • 肉料理それがし…ウマいお肉&日本酒が幸せ

という感じになってます。

わくわくしながら17時の開店と同時に行ったので、ばっちりがっつりレポートしていきたいと思います!

五反田の極上おにく「それがし」で日本酒を堪能

お店はちょっとわかりづらくて通な感じ

お店は看板が小さく出ているだけなので、ちょっとわかりづらいかも。

でも、場所自体はめちゃくちゃ簡単なのですぐにわかります。

おとなりが「ジンギスカン羊一」というお店なので、そちらを目指してみてください。

それがしのお店はこのロゴが目印です。

お店の入り口は木の扉しかなく中が見えないため、ちょっとドキドキ…。

肉料理それがし、入店~

入ってみると、カウンターがデーンと構えています。

おお、高級感ある…!

いいですね、これはいいですよ。

ぼくが行ったときは、マネージャーで日本酒のソムリエ(?)の方と板前さんがいました。

どちらの方も気さくに喋りかけてくれて、コミュ障のぼくでも肩肘張らずにリラックスできました。

ううん、接客クオリティも高い…。

奥には半個室とソファ席があります。

お仕事の接待とかにも良さそう。

どれも頼みたくなるメニューの数々

こちらのお店は日本酒にかなりのこだわりがあるので、日本酒を頼むことにしました。

肉料理のメニューを決めて、「それに合う日本酒をください!」と言ったところ、出してもらったのがこちら。

岩手県、白山市の酒造、吉田酒造の限定酒、U Yoshidagura  山廃純米無濾過原酒です。

限定酒なためかメニューにはないお酒だったので、もし気になる方はリクエストしたら出してもらえるかも。

そして心遣い的にスバラシイのが、日本酒と一緒にお水をちゃんと出してくれるところ。

日本酒はアルコール度数高めなわりに飲みやすいので気がつかないうちに酔っちゃうことがありますが、お水を一緒に飲むことでそれを軽減できます。

お水が少なくなったらすぐに補充してくれるのも嬉しい…。

ちなみに、メインの料理はコース料理が8500円と6800円の2種類あって、それを頼まれる方も多いそうです。

コースの内容は季節によって変わりみたいなので、メニューを見て良さそうだったら頼むのもアリですね。

ぼくは単品で勝負したいと思います。

メインの肉料理はこんな感じ。

うーーん、どれもうまそう…。

前菜もできることなら全部食べたい…w

ここは大人数で来て、たくさん注文するのもアリですね。

まずはお店の看板!ローストビーフ ハーフサイズ(1200円)

板前さんにオススメを聞いたところ、ローストビーフが定番ということなので注文することに。

薄切りなのが特徴的なローストビーフです。

一口食べてみると…あ、うまい…。

卵黄のタレがいい感じに効いていて、上品にウマいです。

中央のところが一番タレが掛かっていてうまかったな…w

和牛のなめろう(1000円)

そして次は食べてみたかったお肉のなめろう。

なめろうというのはたたきの一種で、漁師さんが船のうえで作ったりするヤツです。

魚料理のなめろうですが、こちらでは和牛で出してもらえます。

和牛とホタルイカの食感が合わさり、これまた美味しい…。

ホタルイカの風味も牛に負けてないので、好きな人にはたまりません。

メインの黒毛和牛 カイノミ 泡醤油と粒マスタード(3600円)

そしていよいよメイン料理!

和牛のカイノミです。

カイノミというのは、バラの1部で、ヒレ肉の近くにあるお肉になります。

めちゃくちゃ柔らかくて、肉の旨味が堪能できるカイノミ。

とれる量も少ないので、ちょっとお高いのがたまにきず…。

上に乗っかってるのはウニではなく、泡醤油です。

醤油を泡状にしたヤツですね。

なぜに醤油を泡にするのか…それは食べてみたらすぐにわかりました。

とろけるような和牛とふわふわの醤油がめちゃくちゃバッチリ合います。

そしてそれに絡む粒マスタード…。

あ、これ最高かな…。

若干噛み切りづらいのがマイナス点ではあるものの、クオリティはかなり高めです。

うまい…!

そして一緒についてきた漬物もいい感じのつけ具合。

最高かよ…。

ちょっと一息。酒粕レーズンバター(800円)

ここまでハズレなしの食べ物ばかりだったので、もうちょっと堪能することにします。

なんにしようかな…と選んだのがこちら、酒粕のレーズンバター。

これがまた…ヤバいくらいの旨さ!

日本酒に合うし、なにより単品の完成度の高さがスゴい。

しかもこれ、ゼッタイ女子ウケするって感じの味です。

いやーこれはウマい。

めちゃくちゃオススメなので、ぜひ頼んでみて下さい。

ただのおにぎりと思うなかれ。塩むすび(500円)

さて、締めにごはんでも食べようかなーと思いメニューを見ます。

牛だし土鍋ごはんっていうのがうまそうなんだけど、土鍋なだけに2人前からの注文か…。

うーん、そしたらシンプルに塩むすびで行ってみようということで頼みました。

それがこちらです。

シンプルイズベストすぎる。

そして米がウマいw

聞いたところ、こちらのそれがしではオリジナル日本酒の「それがし」というのを出しているそうで、そこで使うお米と同じものをこのおにぎりに使っているとのこと。

こだわってますなぁ…。

アルコールのあとの優しい味噌汁(300円)

そしておにぎりに忘れちゃいけないお味噌汁。

これまた期待通りの旨さです。

赤だしにノリがふんだんに入っていて、いかにも胃に優しい味わい。

は~、ホッとする…。

A5ランクの和牛を使った極上の幸せ、それがし

いや~どれも美味しいものばかりだった…。

めちゃくちゃ満足してお店を後にしたのでした。

今回の料金はたしか8800円くらいです。

1人ご飯としてはちょっとお高めになりましたが、それだけに満足できる内容でした。

お店情報

営業時間
月〜土 17:00-25:00
日・祝 17:00-24:00

定休日
無休

住所
東京都品川区西五反田1-4-8-202
階段を上がって2階、左手の木の扉
※五反田駅西口から徒歩1分。