予約なしで行けるまったりセレブなナイトプールに行ってきました!

グランニッコー台場のナイトプール

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



都内で予約なしで行けるナイトプール…それがグランドニッコー東京 台場です!

行ってみると、パリピ系のナイトプールと違って、おとなしめなナイトプールという感じ。

レインボーブリッジなどの夜景を眺めながら、のんびりできます。

料金は、平日だと4,000円から、土日祝日は6,000円からになっています。

ぼくは金曜日の夜に行ったんですが、めっちゃガラガラで穴場中の穴場でした!

予約なしで行けるまったりナイトプールに行ってきました!

グランニッコー台場

ゆりかもめ線の台場駅からすぐのところにあるグランニッコー台場。

完全にリゾートホテルって感じで、高級感がハンパないです。

ここのプール、グランブルーは高級リゾートホテルにふさわしく、まったりと楽しめる雰囲気になっています。

更衣室も快適&高級なグランブルー

更衣室、誰もいなかったのでちょこっと撮らせてもらいました。

清潔感がめっちゃあるし、バスタオルも2枚、無料で貸し出してくれます。

さすがリゾートホテル…。

庶民なのでここですでに圧倒されてますw

となりはシャワールームになっていて、ここもかなり快適。

ぼく以外誰もいないので、かなり自由に使えました。

更衣室で着替えたら、プールに入る前にシャワーを浴びます。

体をきれいにしたら、いよいよプールへごー!

セレブ気分を味わえるグランブルー

ぼくがプールについたときは、7.8組のお客さんがいたかな…。

めちゃくちゃ空いてて、ほかの人とぶつかることはありません。

カップルがほとんどで、ちょこっと女性同士で来てる人もいる感じ。

男性だけで来てる人はいませんでした。

プールサイドには、デッキチェアーが並んでいて、一人1700円になります。

せっかくなので、デッキチェアーを使いましたが、この逆側に軽食を座って食べれるところがあるので、もしなにか食べる予定がある人はわざわざデッキチェアーを借りなくてもいいかも…。

せっかくなので、シャンパンをグラスでいただきました!

シャンパンの銘柄はジャカール ブリュット(グラス1500円)。

普通にそこそこ飲みやすい感じのシャンパンです。

夜景もキレイなので、インスタも捗る

プールからは、台場のキレイな夜景も見えるので、自撮りの背景にぴったり!

ちょっとロマンチックな雰囲気になったりもしたりしてなかなか良い感じ。

ナイトプールの疑問:みんな、なにをしてんの?

さて、今回、初のナイトプール体験だったんですが、行くまでずっと疑問だったんです。

「みんな、ナイトプールでなにをして過ごしているんだろう…?」と。

ナイトプールのお客さんを観察していると、その答えがやっとわかりました。

  • カップルは、オトコの人が女の人に泳ぎをレクチャーしてる(ような感じでくっついてる)
  • デッキチェアで、のんびりごろごろしてる。
  • デッキチェアでくっついてらぶらぶなカップル。
  • とりあえず自撮りを撮りまくる。

それぞれ過ごし方は違うものの、共通しているのは「優雅な時間が流れてる」ということ。

ナイトプールによって全然違う気がしますが、グランニッコー台場ではセレブで落ち着いた雰囲気だったので、陰キャ属性のぼくにも優しいナイトプールでした!

ナイトプールの後悔しない選び方

インスタグラムを見てると、ナイトプールによって全然雰囲気が違うみたいです。

パリピがうぇーい!って感じなのから、まったりと夜景を楽しむナイトプールまで様々なので、自分がイメージしてるシチュエーションにあったところを選びましょう。

うぇーいってするなら、ニューオータニ、プリンスホテルとかかな…。

自分にあったナイトプールで、楽しい夜を過ごしましょうー!