【暴落】ティルレイの株式を購入して学んだこと【大麻産業】

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



いやーティルレイ、ダダ下がりになっちゃいましたね。

最高で300ドルになろうかという展開でしたが、現在は112ドルくらいに暴落しています。

3分の1くらいにはなりそうな流れ…。

まさに暴落といっていいわけですが、実はこの展開でも買い時を間違えてなければぜんぜん利益がでています。

ぼくは9月2日に60ドルくらいで購入していたので、もしまだ持ち続けていたとしても2倍近くに増えていることになります。

実際は208ドルで利確しました。

やっぱりなるべく最初のほうで買う、というのは大切なんですね…。

今回の暴落で学んだことは、

  • 途中から入るイナゴはやっぱり焼かれる(価格急上昇に買うのはダメ)
  • 上がってきたからと言って、途中でさらに買い増しするのは危険(上昇の初動でうまく買うのはアリ)
  • 市場の期待感が高いと、自分の予想よりもはるかに価格が暴騰しやすい(大麻産業がこれからアツイ!とみんなが想像できた)
  • 実際に会社が出している利益と株式の時価総額が大きく乖離すると、価格は暴落する。
  • どこまで上がるかはチキンレース。
  • 暴落するときは兆候を掴むのが難しいため、ある程度余裕を持って利確する。

という感じかな…。

今後もこういった株式はまた出てくると思うので、今回の件はいい勉強になりました。

※ちなみにティルレイは日本だとマネックス証券で買えます!…いま買うのはオススメしないけど…w

【暴落】ティルレイの株式を購入して学んだこと

誰もがわかりやすいストーリーを描いた株式はめちゃくちゃ暴騰する

ティルレイがバク上がりした背景には「娯楽用の大麻が合法化されて市場があらたに生まれる」というのが大前提でありました。

そこにきて、ティルレイという企業は国からの認可を受けた有数の企業ということで、株式が買われまくったという流れです。

単純明快!

流れで言うと、

カナダで大麻が解禁→大麻を製造・販売してるマトモな会社はどこだ?→ティルレイ!

こんな感じで素人投資家にもわかりやすいストーリーができています。

株式が暴騰するときはかならず素人投資家をたくさん巻き込む必要があるため、こういった”わかりやすさ”は非常に重要になってきます。

ティルレイの株価が上がってる途中で買った人は、結構な損をしてるんだろうなぁ…。

ニュースを見てからでも遅くない。話題になる前に仕込んだものが勝つ

ぼくがティルレイを買ったきっかけは、たしかウォール・ストリート・ジャーナルで大麻産業について書かれた記事を読んだからでした。

その記事にはティルレイは書かれてなかったんですけど、重要なのは「大麻市場がこれからどんどん成長する」というところです。

成長する市場がわかったら、あとはその中でどんな企業がいいのかを調べて選ぶだけ。

sorasuke

リアルタイムで、企業を調べて買ったときの記事がこちらです。

どんな風に企業選びをしたかがわかるので参考にぜひ。

参考:【自腹】株のオススメはコレ!大麻関連銘柄を買ってみた。【海外株】

今回良かった点は、「企業が話題になる前に、市場が話題になった時点で仕込めた」というところ。

企業が話題になってしまうと、すでに株価は上昇の真っ只中にあり、利益の幅が少なくなってしまいます。

そして連日、企業の話題でもちきりになったあとに買うと…今回のように大暴落が待ち構えているのです。

暴騰しそうな株式を買うときは、

  • 市場の将来性が話題になりはじめたとき。
  • 企業の価値を見直すような記事が出始めたとき。

このどちらかで買うようにしていけば、暴落がきても利益がとれる可能性が高いはず!

バブル株は、売り時が重要

今回も売り時は非常に難しいところでした。

ぼくは60ドルで買ったものを208ドルくらいで売ったのでかなり儲かったのですが、株価はマックスで300ドル近くまで上がっています。

うーん、でもこれは結果論として300ドル近くまで上がったというだけで、もしかしたら220ドルくらいで暴落したかもしれません。

なかなかてっぺんはどこかわからないんですよね…。

sorasuke

ティルレイ株を売った時の葛藤と有名アナリストのリアルタイムなコメントがある記事はこちらです。

参考:ティルレイ3倍で利確。これからの予想

人々の熱狂は、予定をものすごく早める

本来であれば10月17日のカナダ娯楽用大麻解禁が、おそらく株価の最高潮となる予定でした。

そこまでは期待値先行で株価がゆるゆると上がって行って、その後は現実的な企業の利益が見えてくるため大半の人が利確すると思ったからです。

しかし、あまりにもわかりやすいシグナルだったために、誰もが「10月17日までにティルレイの株を買わなきゃ!」と思った結果、短期間での暴騰に繋がりました。

熱狂が熱狂を呼び、1日で株価が倍になり、企業の時価総額はなんと2兆円にも達する規模になったんです。

2兆円てw

この前に発表されたティルレイの売上高は1億円なので、時価総額との差がありすぎますよね。

もちろん以前のティルレイの売上高は医療用大麻だけなので、次の決算では娯楽用大麻の売上もドカンと乗っかってくるはず。

とはいえ、時価総額が2兆円になるほどの売上高は見込めなさそう…。

しばらくティルレイの価格が300ドルに戻ることはなさそうです。

ティルレイの適正な株価はどれくらい?

ぼくの感覚で言うと、ティルレイの適正な株価は60ドル前後あたりかなーと思います。

でも市場ではおそらくそれ以上の価格でヨコヨコになるんじゃないかな…。

そこから、来年の決算発表でどうなるかですよね。

今後のティルレイ株の買い時はどこ?

ぼくが次に買うポイントがあるとしたら、「10月17日の大麻解禁以降」になります。

大麻が解禁してからのツイッターで、現地の人がどうツイートしてるかを参考に買おうかと思っています。

ちなみにツイッターの翻訳機能はあまり精度が良くないので、ツイートをコピペしてグーグル翻訳にかけるのがオススメ。

今までと同じ様に期待値先行で買ってしまうと、後悔する気がします。

大麻解禁後は、実需がどれくらいか、そしてライバルとの競争に勝てるのかが重要なポイントになってきます。

有名なアナリストがティルレイについて記事を発表してからでは遅いので、ツイッターでリアルタイムな情報を拾っていくことが、とても大切だと思います…!

そらすけの運用実績もまるっと公開しています!

ぼくが始めて資産運用をしてからの月別実績も正直に公開しています。

sorasuke

これからはじめられる方も、ぜひ参考にしてみてください~。

【始めて投資をする方へ】初心者そらすけの運用実績ブログを公開!

マイナスになったときは、温かい目で見守っていただけるとさいわいです…。

よかったらこちらも…
sorasuke

あの、こちらのボタンを押してもらえると、読んでくれてる方がいるんだ!とぼくの励みになります…。

匿名の人気投票的なもので、これをクリックするだけでOKです。ぜひ、よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村