30代、正しくシアワセになるジムの選び方

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



30代ともなると、お腹のぽっこりが気になるお年頃。

20代のときと同じような食生活をしていると、知らぬ間にお腹がぽよぽよになっちゃうんですよね…。

ぼくは元々20代のころからいろんなジムを転々として、そこそこそれなりに鍛えてます。

とはいってもガチ勢ではないので、普通の人よりかは筋肉あるかな~程度くらいですけどねw

10年間くらいの間に引越しのたびにジムを変えてきたので、それなりにジムの特徴が見えてきました。

30代でジムに通うのはどのジムが最適か、そしてジムを選ぶ時の基準を書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください!

sorasuke

ゼッタイに気にしたい3つのポイント

  • ジムは絶対に自宅から歩いていける距離がいい
  • 24時間ジムは最高
  • 高齢者ばかりのジムにはご注意

 

30代、正しくシアワセになるジムの選び方

ジム選びの基準

まずジム選びの基準は、大事な順に、

  1. 家(もしくは職場)からの距離
  2. ジムに置いてあるマシンの数
  3. 混みすぎていないか
  4. ジムに置いてあるマシンの新しさ
  5. 客層

となります。

それぞれ個別に見ていきましょう~。

1.家(もしくは職場)からの距離

これはめちゃくちゃ大事です。

家から遠いとすぐに行かなくなります。

ゼッタイなる(確信)

めちゃくちゃ決意できる人が「ジムに行くぞ!」って思っても、家から遠いとまず間違いなく行かなくなります。

ちなみにぼくは、家から2分のところにあるジムに通ってますが、めちゃくちゃ便利です。

「なんかだるいけどとりあえずちょっと走っとくか~」みたいなだるだる~っとしたノリでも行けちゃいます。

昔は職場の近くのジムで、会社に行く前の時間に通ってたこともあります。

ほかの人も誘ったら「会社に行く前にジムとかマジでムリ」と言われたので、あまりオススメはできません…。

やっぱり家の近くのジムがベスト・ジムです。

2.ジムに置いてあるマシンの数

小さいジムだと置いてあるマシンが少なく、順番待ちになっていることが多々あります。

自分のやりたい順にできないイライラは結構イヤなので、なるべくマシンの数は多いところにしましょう。

つかいたいマシンにおばちゃんが座ってスマホいじってたりとかしてると、ちょっとした黒い感情が芽生えてくることもあります。

ストレスフリーで鍛えるためにも、マシンの数は重要です。

3.混みすぎてないか

特に大型の駅近くのジムでは、会社帰りの時間帯(19時~21時くらい)は激混みがになります。

おっさん、おねえさんが入り混じってかなりカオスなことになっているので、そういったところも避けるのがオススメ。

マシンの数が多くても、それ以上にお客さんが多くては自分のペースでできなくなってしまいます。

ぼくが前に行ってたところでは、ランニングマシンが40分待ちとか普通にありました。

ランニングしたいだけで40分待つなら外で走るわ!って話しですよ!w

4.ジムに置いてあるマシンの新しさ

ぼくが今、通っているエニタイムフィットネスというジムでは、マシンがかなり新しくてめちゃくちゃ便利です。

ランニングマシンでは、個別にインターネットにつながったディスプレイがあって、youtubeとかが見れちゃいます。

しかもブルートゥースも対応していて、無線のイヤホンをつなぐことも可能です。

最先端~。

いつもYou Tubeのゲーム実況を見ながら走っていますw

5.客層

これはまぁ一応気にする程度でいいと思います。

そもそもジムで鍛えよう!って人でトラブルを起こそうとする人はほとんどいません。

それよりも、高齢者の方が多くなって集会場みたいな感じののんびりした雰囲気になっているところは注意です。

やっぱりジムって、周りの人ががんばってるから自分もがんばれる、みたいなところありますよね。

周りがおじいちゃんおばあちゃんばかりだと、「うーん、今日はまぁ、これくらいでいいか…」という感じの雰囲気になってぜんぜん筋トレを追い込めませんでしたw

ぼくが感じたそれぞれのジムの雰囲気

ゴールドジム

言わずと知れた、ガチ系ジムのゴールドジム。

マッチョでイカつい人達が朝から晩までいます。

が、初心者が入りづらいというわけでもありません。

めっちゃモデル体型の女性とかもいました。

年齢層は男性は中年くらい、女性は若めという感じ。

ウエイトトレーニング系のマシンが豊富で、どこの店舗も広めです。

本気で鍛えたい人にはオススメ。

場所によってはプロボクサーにボクササイズを教えてもらうコースもあります。

コナミスポーツ

社会人が割と多いジム。

会社の近くにあるパターンが多いかも。

プールがあったり、サウナやお風呂があったりする店舗があります。

スタッフの評判はあんまりいい話は聞きません。

オアシス

スパ施設があるので、近所のおじちゃんおばちゃんに大人気なジム。

そのため、結構まったりめです。

そのためか、ファミリーシェアプランなどほかにはない料金プランがあります。

セントラル

昔はスイミングスクールだったセントラル。

ほとんどの店舗にプールがついています。

ファミリーや子供用のプランも充実しており、ジムというよりはプール教室的な使い方がいいかも。

ルネサンス

店舗ごとに特色がかなり違いますが、オアシスとだいたい似たような感じです。

スパも充実してたり、レッスンコースも数多くあります。

ホットヨガ、スイミングスクール、テニスなどなど…。

セレブな奥様向けですね。

ティップネス

ダンスやエアロビクス、ヨガなどのレッスンに力が入ってるジムです。

ここも女性というか、奥様向けな感じ。

ぼくも数年通ってましたが、時間帯によっては30代、40代の女性がかなり多かったです。

エニタイムフィットネス

24時間使えるタイプのマシンジムです。

ここだけでなく「24時間ジム」と謳っているところはすべてマシントレーニングとウエイトトレーニングメインのジムになります。

ヨガやエアロビクスなどのレッスンはありません。

自分のペースで黙々と筋トレをする人に向いています。

ぼくはまさにそのタイプだったので、週に2回くらいのペースで行っています。

一時期は毎日行ってたんですが、さすが毎日はしんどかった…w

市や区が運営しているジム

市や区が運営しているジムというのもあります。

料金がめちゃくちゃ安くて、一回500円とかそんなもんで使えちゃいます。

客層はさまざまで、ぼくが行ってたとこは大学生が多かったかなぁ…。

あ、あとすごくヤンチャな武闘派って感じの雰囲気からして怖そうな人もいましたw

普通のジムではタトゥー禁止なのですが、市や区が運営してるジムではOKなので、そういった方も来ているようです。

めっちゃ鍛え抜かれた身体をしてて、それはそれでかっこよかったなぁ…。

番外編:女性専用のカーブス

女性専用なのでぼくは行ったことがありませんが、カーブスというジムは女性オンリーになります。

年齢は何歳でもOKで、筋トレというよりはフィットネス、ダイエットや健康的に運動しよう!って感じのジムですね。

スタッフも女性オンリーなので、男性に混じってやるのはやだなーという方にいいかも。

たしかに、普通のジムって男性と女性の比率は9:1くらいですもんね…。

女性の方は、ここかティップネスがいいと思います。

まとめ:ジムは継続できやすいところを選ぼう

あなたにあったジムは見つかりましたか?

とりあえずなるべく、自分の家の近くのジムを第一候補に考えてみて下さい。

自分の家の近く&24時間やってるジムだと、行きたい時にサクっと行けます。

夜になぜか寝れないときなんかに、とりあえずジムでちょっと走ってくるか…なんていうこともできます。

30代でジムに行かないと、体験はどんどん崩れていく一方…。

でも逆に言えば、30代でもジムで鍛えてれば20代とそんなに変わらない体型を維持できるんです。

ぜひ、いつまでも女子ウケがいい体型を維持していきましょう!!