給与が上がらないのはあなたのせいではない理由【投資しないと大変】

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



日本の平均給与は1995年(平成7年)と比べると、実はがっつりと下がっています。

ちなみに1995年は490万1300円で、2017年は432万2000万円。

その差は約58万円…。

しかもそれだけじゃありません。

物価も上がっているので、その分、家計には大きな負担が増えてきています。

ちなみに1995年のビッグマックは280円でしたが、2019年現在は390円(過去最高)です。

なんという現実。

そしてこの給与が上がらない主な理由としては、「日本全体が経済・教育の方向性を間違えたから」にほかなりません。

もちろんどれだけ平均給与が下がっても、その時代ごとに稼げる業界というのはあります。

いまだったら、IT系でうまいことやっていればそこそこ稼げてる人は多いはず。

さらに個人で稼ぐチャンネルも増えてきているので、それでガンガン稼いでる人もいます。

YouTuberやインフルエンサーなんかがそうですよね。

そういった新しい働き方が生まれてきている一方で、いままでの企業勤めの方はなかなか給料を上げるのは難しくなってきています。

結論としては、

  • 副業をはじめて自分で稼げるスキルを付ける(ぼくは副業から独立しました)
  • 投資の勉強をする(いまだに投資はすべて、パチンコみたいなギャンブルと考えてる人も多いです)

この2つが重要になってきます。

給与が上がらないのはあなたのせいではない理由【投資しないと大変】

平均給与はなぜ上がらないのか

日本が超弱体化したのにはいくつか理由があります。

  • 派遣会社をふやして非正規雇用をとんでもなく増やした
  • 終身雇用が崩壊して労働組合も弱くなった
  • 少子高齢化

なんといっても、小泉政権のときに非正規雇用を増やしちゃったのがかなり大きいと思います。

そしてどうしようもない問題としてやっぱり少子高齢化ですよね。

ぼくもこのブログで毎回「少子高齢化はマジで困ったことになる」といろんな面から書いてますが、これはホントにどうしようもありません。

そういえば、「日本企業が韓国系にどんどんなっていく」というのも問題の一つかも知れません。

アサヒビールの新しい取締役が韓国人の方になりましたが、それと同じくしてビールの原材料が韓国産に変わりました。

まぁ、そりゃぁ母国の利益になるほうを選んでも別に悪いことじゃないですよね…。

ただこういうことがどんどんいろんな企業で増えれば、「いままで原材料を作ってた日本の会社が倒産する」ということにもなりかねません。

どのみち、平均給与が上がらない仕組みができてると言えます。

そして今後もこの状況は続くというか、むしろ悪化する可能性が高くなります。

今後は2極化が進み、平均給与の意味がより薄れる

今現在でも正社員、派遣社員で大きく給与差が出ていますが、今後はさらにその差が広がっていくはずです。

そして正社員の中でも、さらに給与格差は広がっていくことになっていくでしょう。

東洋経済で、40代の業界別モデル年収ランキングがでていました。

トップ10の業界がこんな感じになっています。

コンサルティング 1316万円
総合商社 1232万円
放送 879万円
携帯電話事業者 839万円
ファンド 815万円
メガバンク 798万円
石油 784万円
海運 776万円
証券 755万円
総合重機 745万円

そしてワースト10の業界はこちら。

介護 401万円
百貨店 452万円
ホテル 464万円
リサイクル 466万円
家電量販店 482万円
ホームセンター 485万円
中古車 488万円
外食 491万円
スーパー 493万円
アパレル 500万円

参考:最新版!40歳年収「64業界別」ランキング

40歳になってもこれだけか…という感じがしますが、さらにこのランキングに現れてない問題もあります。

それは、「上記のランキングは、上場企業の正社員だけ」ということ。

上場企業の正社員ですらこの状況です。

派遣社員で40歳だと平均年収はさらに下がって323万円になっちゃうんですよね…。

年収300万円台って、20代の初任給かよって感じもします。

会社の給与だけを当てにしてると、貯金すらできません。

まとめ:これからは副業&投資をしていかないと、普通の生活すら難しくなる

これからの生き方で重要なのは、

  • どれだけ副業をちゃんとしているか
  • 副業で稼いだお金を投資で増やせるか

この2つがものすごく大切になってきます。

ぼくは中小企業にしか勤めた経験がありませんが、それでも副業をやって年間1,000万円以上稼いできました。

結局のところ、副業は「やるかやらないか」なんですよね…。

実際に副業をやるにあたって、ぼくがオススメするものをランキングにしたので参考にしてみてください。

【副業で1千万稼いだ】バカでもできた副業ランキング

まちがっても、インフルエンサーの有料サロンに入るのはオススメしません!(【月収150万】オンラインサロンに入っても稼げないので無駄という話

副業をやれば、月に10万円以上は軽く貯金できるようになってきます。

ただ月に10万円貯金したところで、1年で120万円です。

それをうまく投資に回せば、10年後には2,000万円くらいにするのも夢じゃありません。

ぼくがオススメする投資は「株式投資」のみです。

それも手堅いETFや投資信託だけ。(ETF、投資信託とは?

不動産投資や仮想通貨投資、FXはリスクも高いため、投資に慣れてきて興味が出てからのほうがいいと思います。

これからの日本はシンドい時期になるかも知れませんが、楽しいこともたくさんあるはず。

副業や投資をして、楽しく生き抜いていきましょう!