これからの成長に賭けるバンガード米国グロースETF【VUG】の投資評価

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



グロース株(成長株)という今後も持続的に大きく成長することが予想される銘柄を集めたバンガード米国グロースETF【VUG】

成長が期待できる株を選んでくれるなんてすごく便利やんけ…!と思いますが、その基準はなかなか素人判断ではわからないものもあります。

例えば、いまのところ主要銘柄にウォルト・ディズニーが入ってたりしますが、成長株というよりは安定株な気もするような…。

ほかにもグロース株の代表みたいなネットフリックスが逆に上位銘柄には入ってなかったりと、素人投資家的な基準とは違うものさしで決まることがあるのは理解したほうがいいと思います。

グロース株ETFなので、銘柄の移り変わりもそこそこある(売買回転率8.3%)ため、持ってて面白いETFですね。

しかもリターンも結構良くて、実力派のETFです。

これからの成長に賭けるバンガード米国グロースETF【VUG】

おすすめ度  

ETFのオススメランキングはこちらです。

概要 米国の成長株が期待できる大型株を集めたETF
リスクの低さ
リターンの期待値
1年トータルリターン 14.6%(過去の参考値)
3年トータルリターン 14.46%(過去の参考値)
経費率(費用) 0.05%(めちゃめちゃ安め)
銘柄の数 約306銘柄(少し少なめ)
PER 23.34倍
銘柄の代表的な市場 米国
予想されるリスク 米国の景気が悪くなるとモロに影響を受ける。
ベンチマーク指数 CRSP USラージキャップ・グロース・インデックス
リスクヘッジとしてほかに持っておきたい銘柄 VT

※記事を書いたときのデータになります。現在の情報は、バンガードの公式サイトをご覧ください。

【VUG】のチャート

参考:ブルームバーグ

さすが安定の米国株ETFって感じです。

いい感じすぎてヤバイ。

金利上昇を受けて直近では下がってますけど、これはこのETFだけが下がってるわけじゃなくて全世界の株式がだいたい下がってます。

ホントにグロース株(成長株)が選ばれてるの?

さて、このVUGでは本当に成長しそうな株がちゃんと選ばれているのでしょうか。

その検証のために、S&P500(米国の代表的な指数)との比較をしてみたいと思います。

S&P500系ETFの代表であるVOOとの比較チャートがこちら!

青い線がVOOで、オレンジの線がVUGです。

おお…。

めっちゃVOOよりもいいリターン出してる!

しかも下落するときもVOOよりマシな感じか同じくらいになってますね。

2015年からのチャートだと、VOOよりリターンが悪い時期はほとんどありません。

スゴいなVUG!

でもあんまり日本だと有名じゃない気もする…というかそもそも日本でETFやってる人が少ないから話題にならないだけかな…w

【VUG】の配当利回り

直近の配当は1.24%とちょっと少なめ。

グロース株だからこれは仕方ないですね。

成長株なので、企業の利益は配当に回すよりも企業の成長にツッコむのはセオリー通りです。

ちなみにS&P500系のVOOは1.9%なので、配当利回りで言えばVOOのほうが高くなります。

グロース株の対極とも言えるバリュー株ETFもある

VUGはグロース株ですが、バリュー株(企業の価値に比べて株価が割安!お買い得~となってる株)のETFもあります。

それが、バンガード米国バリューETF【VTV】です。

VTVもそこそこいい感じのリターンを出しているのですが、直近はVUGのほうがリターンは大きくなっています。

青い線がVUG(グロース株)で、赤い線がVTV(バリュー株)です。

うーん、VUG強し…!

ただし、配当で言えばVTVは2.74%もあるので、一概にVUGがいいとも言えません。

価格を重視するか配当利回りを重視するか…難しいところです。

トータルリターンだとVUGがいまのところ良いので、迷ったらVUGでいいかも。

【VUG】の上位銘柄

銘柄 割合
アップル 7.94%
アマゾン 6.72%
フェイスブック 3.21%
アルファベット 5.79%
ビザ 2.16%
ホームデポ 1.92%
マスターカード 1.66%
ボーイング 1.64%
ウォルト・ディズニー 1.34%

やっぱりというか、テクノロジー関連や消費者サービスが多めですね。

逆にエネルギー関連はあんまり入っていません。

アップルとアマゾンの割合がかなり多いので、この2つがコケたら結構痛そう…。

【VUG】の信託報酬・手数料

1年間の経費率(信託報酬などの費用)は0.05%です。

めちゃくちゃ安い!

超良心的な費用だと思います。

さすがバンガード…。

【VUG】のPER

PERは23.34倍と割と高めになってます。

成長株≒人気がある株なので、これは仕方ないですね。

これはつまり、割高株を買ってるとも言えます。

株式投資のセオリーは、割安株を見つけて買うことなので、その真逆の戦法を撮ってるVUG。

でもセオリーが正しければ割安株ETFのVTVのほうがリターンは高くなるはずなのに、実際はVUGのほうが有利になってます。

セオリーを重視するか、過去の実績を重視するか…。

好みが分かれるところですね。

ちなみにぼくは過去の実績重視なので、VUGにしますw

【VUG】の出来高

10月19日の出来高はおよそ586万売買でした。

売買するのにまったく問題なく心配もない出来高です。

まとめ:有名じゃないけど、かなり良いといえる米国グロースETFです。【VUG】

アメリカ経済が好調なときはこれを買っとけ!的なETFだと思います。

暴落時にも意外と強い(VOOと変わらないくらいの下落率)ので、長期保有にも良さそう。

うーん、調べてみるまでこんなにいいとは思わなかったな…。

意外ですが、かなりいい成績のETFです!

ETFのおすすめランキングも作ってみました

sorasuke

ETF、なんか全部良さそうでわからなくなってきたぞ…というときにぜひ!笑

参考:【自腹研究】おすすめETFランキング!

海外ETFを簡単に買う方法【初体験の方向け】

sorasuke

「ETFの素晴らしさはわかった!でも買い方がわからん!」

というあなたのために、わかりやすい記事を書きました。

この記事では、実際にぼくが100万円でETFを買っています。

スマホ・PCどちらも対応していて2.3分で読めちゃいます!

【スマホ・PC】海外ETFのめちゃくちゃ簡単な買い方【SBI証券編】

そらすけの運用実績もまるっと公開しています!

ぼくが始めて資産運用をしてからの月別実績も正直に公開しています。

sorasuke

これからはじめられる方も、ぜひ参考にしてみてください~。

【始めて投資をする方へ】初心者そらすけの運用実績ブログを公開!

マイナスになったときは、温かい目で見守っていただけるとさいわいです…。

よかったらこちらも…
sorasuke

あの、こちらのボタンを押してもらえると、読んでくれてる方がいるんだ!とぼくの励みになります…。

匿名の人気投票的なもので、これをクリックするだけでOKです。ぜひ、よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村