かなり優秀!バンガード米国スモールキャップ・グロースETF【VBK】の投資評価

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



米国のスモールキャップ(小型株)の中でもさらにグロース(成長株)に絞ったETFがバンガード米国スモールキャップ・グロースETF【VBK】です。

名前がそのまんまですね。

一見、キワモノっぽいETFですが、実はリターンは結構良くてぼくも買っちゃいました。

小型株(ボラティリティ高い)&成長株(リスクもリターンも高め)という組み合わせがなんかアツい!

と興奮しながら一応買ったものの、明らかに買うタイミングを間違えた気がしますw

これはやっぱり暴落が来たときに買うのが一番良さげですね…。

さて、投資評価にいってみましょ~。

かなり優秀!バンガード米国スモールキャップ・グロースETF【VBK】の投資評価

おすすめ度  

ETFのオススメランキングはこちらです。

概要 米国の小型株かつ成長株を集めたETF
リスクの低さ
リターンの期待値
1年トータルリターン 10.56%(過去の参考値)
3年トータルリターン 11.93%(過去の参考値)
経費率(費用) 0.07%(かなり安め)
銘柄の数 約661銘柄(普通)
PER 24.19倍
銘柄の代表的な市場 米国
予想されるリスク 米国の景気次第。基本的にS&P500よりもダイナミックに動くので、下がるときはガツンと下がる。
ベンチマーク指数 CRSP USスモールキャップ・グロース・インデックス
リスクヘッジとしてほかに持っておきたい銘柄 VT

※記事を書いたときのデータになります。現在の情報は、バンガードの公式サイトをご覧ください。

【VBK】のチャート

参考:ブルームバーグ

米国株のETFはだいたいこんな感じになってるので、これだけだといいのか悪いのかなかなかわかりません。

ほかのETFと比較してみます!

VBKとVBとVOOのチャート比較

青い線がスモールキャップ・グロースETF【VBK】

オレンジの線がスモールキャップETF【VB】

緑の線がS&P500ETF【VOO】

米国株式の基準ともなるS&P500と比べると、勢いがいいときとそうでもないときの差が結構ありますね…。

株価が下落しているときは顕著にその影響を受けています。

逆に言うと、下落したときにしっかり買えれば、VOOよりもリターンは多くなります。

暴落の底を見極めるのが上手い人にはかなりいいETF(そうじゃないのに買ってしまった自分)って感じです。

【VBK】の配当利回り

直近の配当は0.67%と結構少ない感じ。

1%ないとか意外と少なっ!

うーん、成長株は配当よりも会社規模を大きくさせるほうにお金を使うので仕方ないといえば仕方ないわけですが…。

【VBK】の上位銘柄

銘柄 割合
PTC 0.65%
ニューロクラインバイオサイエンス 0.64%
バーリントンストアーズ 0.64%
サレプタ・セラピューティックス 0.59%
イグザクト・サイエンシズ 0.56%
アルティメット・ソフトウェアグループ 0.55%
ゼブラ・テクノロジーズ 0.55%
ウエスト・ファーマシューティカル・サービシズ 0.52%
タイラー・テクノロジーズ 0.52%
WEX 0.5%

一つでも知ってる企業があったらスゴいと思います。

今後この中からどーんと成長する企業がいくつか出てくる…はず!

ちなみに銘柄は四半期ごとに見直されて、どんどん新しく比率が変わっていきます。

【VBK】の信託報酬・手数料

1年間の経費率(信託報酬などの費用)は0.07%です。

安い~けどVBより0.02%だけ高い~。

これだけ安ければ文句ない感じもしますが、VBより高いのがちょっと悲しみ。

【VBK】のPER

PERは24.19倍と高めになっています。

うーん、ちょっとバブリーな雰囲気もありますね…。

ITバブル時のS&P500のPERは25倍くらいだったので、なんかちょっとイヤな予感もします。

【VBK】の出来高

10月20日の出来高はおよそ20.8万売買でした。

少ないけどそこそこあります。

問題ないレベル。

まとめ:暴落の底で買うとかなり良いETF、米国スモールキャップ・グロースETF【VBK】

下がるときはガツンと下がるけど、上がるときはいい感じに上がる(ときもある)スモールキャップ・グロースETF【VBK】。

ガッツリ下がったところで買いたいですね、これは…。

今回はノリと勢いで買ってしまったので、傷が深くなるまえに一旦手仕舞い(損切り)しとこうかな…w

買い時を間違わなければいいETFだと思います!

ちなみに長期目線でいつ買ってもいいETFと言えば、やっぱりS&P500ETF【VOO】が鉄板です。

いろんなETFを調べていくうちに、やっぱそうだよね…という結論になってきました…w

ETFのおすすめランキングも作ってみました

sorasuke

ETF、なんか全部良さそうでわからなくなってきたぞ…というときにぜひ!笑

参考:【自腹研究】おすすめETFランキング!

海外ETFを簡単に買う方法【初体験の方向け】

sorasuke

「ETFの素晴らしさはわかった!でも買い方がわからん!」

というあなたのために、わかりやすい記事を書きました。

この記事では、実際にぼくが100万円でETFを買っています。

スマホ・PCどちらも対応していて2.3分で読めちゃいます!

【スマホ・PC】海外ETFのめちゃくちゃ簡単な買い方【SBI証券編】

そらすけの運用実績もまるっと公開しています!

ぼくが始めて資産運用をしてからの月別実績も正直に公開しています。

sorasuke

これからはじめられる方も、ぜひ参考にしてみてください~。

【始めて投資をする方へ】初心者そらすけの運用実績ブログを公開!

マイナスになったときは、温かい目で見守っていただけるとさいわいです…。

よかったらこちらも…
sorasuke

あの、こちらのボタンを押してもらえると、読んでくれてる方がいるんだ!とぼくの励みになります…。

匿名の人気投票的なもので、これをクリックするだけでOKです。ぜひ、よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村