「インデックス投資は儲からない」を信じてはいけない理由

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



ネットで有名なZaiを見てたらこんな記事がありました。

「インデックス投資」は儲からない!? 過去10年間の運用成績がTOPIXの2.3倍を記録するスゴ腕ファンドマネジャーが「株で資産を増やす方法」を大公開!

参考サイトはこちらです。

なるほど…。

ファンドマネージャーの阿部修平氏の意見として「インデックス投資はダメな企業もたくさん入ってるから良くない。それならいい企業を見極めて投資するほうがいい」とのこと。

たしかにそれはそうなんですが、ぼくは一般投資家として「個別株よりインデックス投資は儲からない説」は信じていません。

その理由をまるっと書いていきたいと思います!

「インデックス投資は儲からない」を信じてはいけない理由

「インデックス投資は儲からない」を信じない理由:ファンドマネージャーと一般投資家の差

先程の阿部氏の主張は、「いい企業を見極めて投資をすれば、インデックス投資よりもリターンが多い」ということでした。

たしかにそれはまったくごもっともな意見だと思います。

でも、サラッと「いい企業を見極めて投資」と書かれている、ここがキモの部分です。

果たして「いい企業」を「毎回当てる」ことは可能でしょうか?

残念ながらそれはなかなか難しいことです。

個別株の短期売買で儲かり続けるのは、ごく一部の天才と仕手筋くらいなものだと思っています。

「インデックス投資は儲からない」を信じない理由:誰もがポジトークである

先程の意見を書かれているページを見てみると、どうやら「厳選投資」というアクティブ投資を勧めることを目的とした記事のようです。

アクティブ投資(運用)とは?

「厳選投資」というのは、スパークスという運用会社(社長が阿部氏)がやっている投資信託です。

この記事の真意を読み解くと…

  1. インデックス投資よりもいい企業を見極めて投資するほうが良い。
  2. でも、いい企業の見極めなんて素人にはできないでしょ?
  3. それならいい企業を見極めて投資をしている「厳選投資」にお任せ!

という感じに思えてきます。

たしかに「厳選投資」は過去10年間の運用成績がTOPIX(日本の経済指数)の2.3倍もの好成績とのことなので、悪くない選択かも知れません。

しかし長期的に見て、「厳選投資」のようなアクティブ投資は、本当にインデックス投資よりリスクが低いのでしょうか?

「インデックス投資は儲からない」を信じない理由:アクティブ投資はインデックス投資に勝てていない

米国のデータにはなりますがS&P500(米国の代表的な指数)と比較して、10年間の期間で成績が負けているアクティブファンドは80%を超えます。

つまり、アクティブな投資信託を10個買ったら、そのうちインデックス投資より良かったのは2個だけということです。

そう考えるとインデックス投資よりもリスクは高いですよね。

さらに、ちょっと前まで絶好調だったひふみ投信もアクティブファンドです。

ひふみ投信の下落予想が当たってた件と、投資信託の見極め方

こういった点から、今は「厳選投資」がとてもリターンが高いとしても、今後もそうである保証はありません。

それならインデックス投資のほうが実はいいのでは…?というのが僕の意見です。

「インデックス投資は儲からない」を信じない理由:そもそも日本株は本当に買いなのか?

先程の記事では、「今は日本株が世界的に見たら割安!」となっています。

たしかに割安感はあると思います。

ただ、株価が上がる大きな条件として「未来への期待感」がありますよね?

それが果たして、今の日本株にあるでしょうか?

ぼくが日経平均が上がっても日本株を買わない理由も記事で書いています。

【やばい】日経平均が上がっても日本株を買わない理由

これからの日本に期待できるかどうか、そこが大きな分かれ目ですね。

そして市場規模で言えば、米国のほうがはるかに大きく、そして好調です。

さらに多国籍な超大企業が多く、将来性もあります。

正直、ぼくは米国株のインデックス投資をメインにしない理由はないと思っています。

もし米国市場がガタ落ちになったときは、どうせ日本も一緒に落ちちゃうわけだし…。

それを考えると、日本株をメインにしたアクティブファンドはかなりリスキーなのでは、という考えです。

まとめ:結局、米国株のインデックス投資が一番リスクが低いのでは

なんだかんだで、やっぱり米国株の投資信託(イーマクシススリムS&P500とか)のほうがリスクは低いと思います。

アクティブファンドがインデックスファンドに勝てる確率は10商品中2商品ほどなので、もしかしたら「厳選投資」のような商品のほうがリターンが多くなるかも知れません。

しかし、

  • 日本株より米国株のほうが将来性が期待できそう。
  • 日本のTOPIXより成績が良くても、米国のS&P500に成績で勝つという保証はない。
  • どんなスゴいファンドマネージャーでも、勝ち負けの波はある。

という3点から、ぼくはインデックス投資をオススメします。

とはいえ、しばらくは米国株式もあんまり上がる感じでもないですけど…w

一応、米国株式ETF(ETFとは?)や投資信託を中心に500万円ほど持っていますが、ほとんどがインデックス投資で、アクティブや個別株は買っていません。

アクティブ投資をするくらいなら、阿部氏が言うように、「本当にこの企業の株はイケる!」と思った個別株を買うほうがいいです。

ぼくもカナダの大麻合法化の流れで、大麻銘柄を買って半月で3倍にしました。

ティルレイ3倍で利確。これからの予想

こういった自分で「イケる!」と思ったときだけ買うようにしたほうがいいと思います。

それは多くても年に数回程度なので、普段はやっぱりインデックス投資でリスクを軽減するのがいいんじゃないかな…。

というのがぼくの出した結論です!

ETFのおすすめランキングも作ってみました

sorasuke

ETF、なんか全部良さそうでわからなくなってきたぞ…というときにぜひ!笑

参考:【自腹研究】おすすめETFランキング!

海外ETFを簡単に買う方法【初体験の方向け】

sorasuke

「ETFの素晴らしさはわかった!でも買い方がわからん!」

というあなたのために、わかりやすい記事を書きました。

この記事では、実際にぼくが100万円でETFを買っています。

スマホ・PCどちらも対応していて2.3分で読めちゃいます!

【スマホ・PC】海外ETFのめちゃくちゃ簡単な買い方【SBI証券編】

そらすけの運用実績もまるっと公開しています!

ぼくが始めて資産運用をしてからの月別実績も正直に公開しています。

sorasuke

これからはじめられる方も、ぜひ参考にしてみてください~。

【始めて投資をする方へ】初心者そらすけの運用実績ブログを公開!

マイナスになったときは、温かい目で見守っていただけるとさいわいです…。

よかったらこちらも…
sorasuke

あの、こちらのボタンを押してもらえると、読んでくれてる方がいるんだ!とぼくの励みになります…。

匿名の人気投票的なもので、これをクリックするだけでOKです。ぜひ、よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村