米国以外の全てに投資した人向けETF、トータルインターナショナルストック【VXUS】の投資評価

ABOUTこの記事をかいた人

元ダメリーマンそらすけ

30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~!



米国以外の全ての国を網羅したい!という方にオススメなのがこのバンガード・トータルインターナショナルストックETF【VXUS】です。

これと激似のETFとして、バンガードのオールワールド(米国以外)ETF【VEU】というのもあります。

VXUSとVEUの違う点と言えば、”銘柄数”の多さです。

VEUは約2,714銘柄に対し、VXUSは約6,349銘柄もあります。

それだけVXUSのほうが小型株も網羅しているということになるわけですね。

小型株を網羅するとどんなイイことがあるかというと、”暴落時にいち早く回復しやすいのが小型株”なのです。

ということは、暴落からの立ち直りはVEUよりもVXUSのほうが少し早いかも…というのが期待できる…ハズ!

経費率はVEUとVXUSのどちらも0.11%なので、まるっと米国以外は全部欲しい!というときはこのVXUSのほうがオススメになります。

※ちなみに米国以外の国の小型株だけを取り扱ったVSSというのもあります。

※米国を含めて全ての国のETFがいい!という方はVTというのがオススメです。

米国以外の全てに投資した人向けETF、トータルインターナショナルストック【VXUS】

おすすめ度  

ETFのオススメランキングはこちらです。

概要 米国以外の国の小型・中型・大型株を集めたETF
リスクの低さ
リターンの期待値
1年トータルリターン -5.57%(過去の参考値)
3年トータルリターン 5.29%(過去の参考値)
経費率(費用) 0.11%(少し安め)
銘柄の数 約6,349銘柄(すごく多め)
PER 13.26倍
銘柄の代表的な市場 日本、英国、中国、フランス、ドイツ、カナダ、スイス、オーストラリア、韓国、台湾
予想されるリスク 米国が不況になったらその影響を受ける可能性が高い。色んな国が入りすぎて上がるか下がるか判断が難しい。
ベンチマーク指数 FTSEグローバル・オールキャップ(除米国)インデックス
リスクヘッジとしてほかに持っておきたい銘柄 VOOQQQ

※記事を書いたときのデータになります。現在の情報は、バンガードの公式サイトをご覧ください。

【VXUS】のチャート

参考:ブルームバーグ

実はほとんどVEUと同じようなチャートになっています。

VEUはこんな感じ。

ソックリですよね。

結局のところほとんどチャート的には変わらないので、完全に好みで選んでもいいと思います。

【VXUS】の配当利回り

直近の配当は2.11%とかなり好調。

VEUともほぼほぼ変わりません。

米国を除いたETFは、利回りだけはいいんですよね…。

これで価格も毎回上がってくれれば言うことなしなんですけど…w

小型株のVSSは、直近0.16%なのでそれに比べたら上々です。

【VXUS】の上位銘柄

銘柄 割合
ネスレ(スイス) 1.03%
テンセント(中国) 0.99%
サムスン電子(韓国) 0.83%
TSMC(台湾) 0.80%
アリババ・グループ(中国) 0.76%
ノバルティス(スイス) 0.73%
HSBCホールディングス(英国) 0.70%
ロシュ・ホールディング(スイス) 0.69%
トヨタ自動車(日本) 0.64%
トタル(フランス) 0.63%

これもほとんどVEUと同じですが、VXUSは半導体製造のTSMCが入ってきました。

とはいえ0.8%というかなり少ない割合なので、これで大きくVEUと差がつくことはなさそうです。

うーん、なんかこう、VEUとVXUSのどっちでもいい感がスゴく強いです…w

【VXUS】の信託報酬・手数料

1年間の経費率(信託報酬などの費用)は0.11%です。

VEUと同じなので、やっぱりどちらでもお好みで…という感じ。

小型株オンリーのVSSは0.13%と少しだけお高めになっています。

【VXUS】のPER

PERは13.26倍と結構低めになっています。

若干、VEUより高くなってますがほぼほぼ同じです。

銘柄数が2,000を超えてくると、6,000近くなっても平均するとあんまり変わらないということかもですね。

小型株のVSSは14倍なのでこれもほぼ同じくらいになっています。

【VXUS】の出来高

10月11日の出来高はおよそ1,718万売買でした。

かなり大きな出来高ですが、今日は株式が全世界的に大きく動いたことが原因です。

通常日もそこそこ出来高はあるので心配する必要はなさそうです。

まとめ:バンガード・トータルインターナショナルストックETF【VXUS】はほぼVEUと同じ

結局のところ、VEUとほとんど同じような動きをするETFになっています。

ちなみに米国以外のこういったETFを買ったら、米国が下落したときにリスクヘッジになるかというと…現状、なりません!

2018年10月10日も米国株がドカンと下げて調整局面に入りました。

ほかの国の株価はどうなったかというと…全世界的に下がっています。

つまり、米国が落ちたら世界的に落ちるということ。

現状では、米国以外の株を買ってもリスクヘッジにはなりえないということですね…。

それだったら米国債権を買ったほうが、米株へのリスクヘッジなるはずです!

ETFのおすすめランキングも作ってみました

sorasuke

ETF、なんか全部良さそうでわからなくなってきたぞ…というときにぜひ!笑

参考:【自腹研究】おすすめETFランキング!

海外ETFを簡単に買う方法【初体験の方向け】

sorasuke

「ETFの素晴らしさはわかった!でも買い方がわからん!」

というあなたのために、わかりやすい記事を書きました。

この記事では、実際にぼくが100万円でETFを買っています。

スマホ・PCどちらも対応していて2.3分で読めちゃいます!

【スマホ・PC】海外ETFのめちゃくちゃ簡単な買い方【SBI証券編】

そらすけの運用実績もまるっと公開しています!

ぼくが始めて資産運用をしてからの月別実績も正直に公開しています。

sorasuke

これからはじめられる方も、ぜひ参考にしてみてください~。

【始めて投資をする方へ】初心者そらすけの運用実績ブログを公開!

マイナスになったときは、温かい目で見守っていただけるとさいわいです…。

よかったらこちらも…
sorasuke

あの、こちらのボタンを押してもらえると、読んでくれてる方がいるんだ!とぼくの励みになります…。

匿名の人気投票的なもので、これをクリックするだけでOKです。ぜひ、よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村